家探しをされている方、ご注意!不動産情報はどこにある? - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

平野 秀昭
有限会社アーバンビレッジ 代表取締役
兵庫県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家探しをされている方、ご注意!不動産情報はどこにある?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

不動産の購入を検討されている方は、どうやって物件情報を探していますか?

新聞広告、折込チラシ、投げ込みチラシ、インターネットの検索サイト、不動産会社のホームページ、などなど不動産広告を目にされることは多いでしょう。

でも、これらの広告に出てくる物件情報というのは、全体のうちの一部に過ぎません。

特に最近は、売主から売却依頼を受けた不動産業者が(売主の意向か自社の利益のためか不明ですが)、「広告はしないでください」という物件が非常に多くなっています

つまり、不動産業者は把握しているのですが、広告ができない物件情報が、多く隠れているということなのです。

「インターネット広告はダメでチラシ広告はOk」だとか「自社ホームページならOKだけど、不動産検索サイトでの広告はダメ」だとか、その広告可能不可能の内容も複雑化しています。

いずれにせよ、不動産の売却情報が一般消費者向けには、どんどん隠されている状況であるようです。

インターネットが身近になり、インターネットのみで不動産情報を探されている方も多いようですが、物件情報をインターネットに頼ること、これは非常に危険なことです。

不動産購入を成功させる重要なポイントの1つとしては、自分の希望する条件に該当する物件情報を、いかに早く多くを知り、検討するかということなのですから。


では、こうした状況にどう対応したらいいのか?

それはズバリ、前近代的からもしれませんが、信頼ができ、そして探しているエリアに強い不動産業者に、自分の希望条件をしっかりと伝え、アンテナを張ってもらって探してもらうということになります。

それは1社だけでなく、2~3社に依頼するのもいいかもしれません。

不動産業者には、一部の例外を除いて、ほぼ同じ情報が流通しています。

新規売出しの情報も、どこの不動産業者にも流されていきますので、担当営業マンがあなたの希望条件を把握し常にアンテナを張ってくれているとしたら、新規物件が売り出されたら(広告不可の物件情報でも)すぐに教えてくれるでしょう。

不動産業者は敷居が高いと言われますが、不動産業者に協力をしてもらうことが、不動産購入成功の近道であることは間違いありません。

信頼のできる不動産業者、自分のために一生懸命にやってくれる営業マンをみつけて、不動産購入を成功させてください。





 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

2011年 新年コラム 「情報遮断力 ―不思議と道が見えてくる―」 後藤 一仁 - 公認不動産コンサルタント(2011/01/01 15:15)

3.11後を思い出しました。 信戸 昌宏 - 建築家(2014/03/21 12:00)

不動産売買 トラブル相談例【契約予定のキャンセル】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2013/11/23 15:58)