危険を知らない危険な子供 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

敷浪 一哉
有限会社シキナミカズヤ建築研究所 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

危険を知らない危険な子供

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
社会にパンチ!
船酔い効果は具体的に体に起こる現象ですが、心理的に働く弊害もあります。それは高所平気症。生まれたときから高層マンションで生活している人の中には、高いところに居ることの恐怖心がまったく無い人がいるんだそうです。まあそれだけなので、あまり弊害は無いんだろうなーとも思うんですけど、本能で恐怖心を感じられないということは、思わぬ事故の原因になりますよね。

そういえば、高層マンションのベランダの手摺に登って遊んでた小さな子供が、落下して死亡したなんてことがありました。
事件があったとき、ニュース番組などではベランダの手摺の構造とかばっかりが論議されて、じゃあ登れないようなベランダ手摺にしなければいけませんね、というような
結論に達していたように記憶しています。でも、本当に怖いのは、きっと何も怖さを感じずに登っていった子供の心理状態ですよね。
うちの息子は地べたの上で育っていますが、高いところとか海辺とか、すごい怖がって近寄らないですよ。べつに教えたわけじゃないから、これは本能ですよね。

なんかこういうの、高さだけじゃなくていろんなところであるんだろうな。
ありえないような子供の事故が最近特にたくさんありますもんね。
危険を感じさせないように親が過保護に過保護に育てた結果、危険を知らない危険な子供をつくっているんでしょう。