いわゆる「薬漬け」に関して - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ
宮城県
院長・医師
0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
よく多数の薬を出されることを「薬漬け」といいますが、その根拠、定義ははっきりしていません。
錠剤数?薬の種類?胃の薬や下剤はいらない??
先日、私も肺炎の一歩手前まで行きましたが、咳止め2錠、去痰剤1錠、鎮痛薬1錠、抗生剤2錠、これだけでも1回計6錠、それに胃のムカムカがあり健胃剤1錠追加され、これで一回に計7錠です。服用後、次第に症状が良くなったのは言うまでもありませんが、この場合の薬の数は皆さんはどうお感じになりますか?

高齢者ではいったん肺炎になると急激に悪化しやすく、適切な時期に治療しないと死亡することもあります。
ですので、適切な時期に適切な薬が適切な量で処方されているとすれば、錠剤数や種類がいくら多くても、薬漬けとはいえないと思います。ましてや薬が多いからと言って自分で判断して少なく服用する患者さんもいますが、どの薬がどれくらいの量でどういう風に効いたかまったく判らなくなります。自分の判断で抜かないようにしましょう。

不適切な薬を不適切な量、不適切な期間に漫然と処方している、そういうものだけが「薬漬け」であって、ただ単に種類や数が多いからといって、いたずらに「薬漬けだね」とは言わないほうがいいでしょう。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(宮城県 / 院長・医師)
医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ

「摂食障害の相談室」を運営中。無料でメール相談に応じます

精神障害を克服するには、生活の改善、人間関係の改善が欠かせません。「自分をどう変えていくか」。それは患者さんの努力や周りの協力も必要ですが、まずはメールにてご相談ください。当院は入院治療も、経験豊富な看護師、管理栄養士とともに行っています。

0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。