ディスカウント債と税金 - 外貨預金・MMF - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ディスカウント債と税金

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 外貨預金・MMF
貯蓄・投資(お金の貯め方・増やし方)

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

 ディスカウント債と呼ばれる外国債券が人気のようです。

 

 これは、定期的に利子が支払われる「利付債」と、額面金額より割り引かれた価格で発行される「割引債(ゼロクーポン債)」の中間のような債権です。

 

 利率はせいぜい0.5%程度と、低く設定してあるものがほとんどです。

 

 それじゃ魅力がないと思われる方もいらっしゃると思いますが、売り出し価格が額面よりかなり低いため、最終的には8%、9%といった高利回りが期待できるのが、この商品のセールスポイントです。

 

 では、なぜこんな商品が生まれたのでしょうか。

 

 それは、ディスカウント債の税金が一般の利付債と同じだからです。

 

 つまり、利子は預貯金と同じく20%の源泉分離課税になるのですが、もともと低く設定してあるので負担感はそれほどありません。

 

 一方、償還前に売却した場合の売却益は、利付債と同様に非課税となります(割引債の場合は、譲渡所得として総合課税の対象)。

ということは償還直前に売却するば、償還差益とほとんど変わらない利益が非課税になるという仕組みです。

 

 平成15年6月13日以降発行のディスカウント債は、償還期間によって一定以上の利率をつけるよう条件が決められているので、要件を満たすかは確認が必要です。

 

 売り出されているのは、ブラジルレアル、南アフリカランドといった新興国通貨で発行されるものが多いようです。

 

 つまり、為替相場で円高が進めば為替差損で元本割れのリスクもあるということも忘れないようにしましょう。

 

 

 森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

 森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

このコラムに類似したコラム

資産配分戦略は外貨建て外国債券のリスクに注目しましょう 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/04 16:16)

2013年8月9日対前週末(8月2日)の主要株価指数と主要商品先物価格の騰落率を掲載します。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/10 11:00)

分配金が高い投資信託は本当においしいのか? 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2010/08/04 09:38)

トランプ氏勝利後の株高・円安はどこまで続く? 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/27 17:48)

トランプ氏勝利後のマーケットの状況 11月第2週 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/20 13:59)