「住宅ローン借り換え」を実例から学ぶ3 家計改善 - 住宅ローン借り換え・返済 - 専門家プロファイル

久保田 正広
株式会社 FPバンク 代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「住宅ローン借り換え」を実例から学ぶ3 家計改善

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン借り換え・返済

家計改善のきっかに

住宅ローン借り換えの相談の中で最も多いものの一つに「返済がきつくなってきた!」というのがあります。実は最近そういうご相談が増えてきたので、その対処法について、お伝えします。心当たりのある方、どうぞご覧ください。

30代のAさんは今から5年前、特に審査に苦労する事もなく住宅ローンを組みマンションを購入しました。しかし、わずか5年で返済がきついと感じるようになってしまいました。

何故、こんな事になってしまったのでしょうか?

実は、いくつかの理由が重なっていることがわかりました。

まず、当時正社員として働いていた妻が、出産のため退職をしました。ちなみに当時の妻の年収は280万円でした。

次に、今年に入ってAさんのボーナスが減ってしまいました。

さらに、当時は無かったのですが、車を購入して毎月2.2万円のローンを組んでいたのです(残高35万円)。また、カードローンも毎月1万円(残高15万円)ありました。

最後に、肝心の住宅ローンですが、5年固定を選択したのですが、固定期間が終了し金利が上がってしまいました。市場金利がさほど上がっていないはずなのに1.2%も上昇しました。

調べたところ、Aさんは、金利優遇をうけていたのですが、「当初優遇型」だったのです。つまり最初の5年だけ優遇されていました。

以上4つが重なって、かなりきついと感じるようになってしまったのです。では早速、こうなってしまった時の対処方についてお伝えします。

まず、車のローンですが、できれば全額返済します。(そんなお金があるくらいなら苦労はないと思われた方、次回のコラムを参考にしてください。)

次に、借り換えですが、最初のローンは30年で組んだのですが、今回の借り換えを機会に通算で35年に延ばしました。これはできる銀行が限られているので注意が必要です。

金利優遇タイプについては、もちろん全期間優遇を選びました。

結果として、毎月5万円以上の収支改善となり、Aさんは今後毎年50万円ずつ繰り上げ返済をしていく予定です。

以上が借り換えに伴う、家計改善策ですがいかがでしょうか?自分でもできそうとお感じになられましたでしょうか?

車のローンとカードローンですが、返済資金は次回のコラムでお伝えします。

緊急告知!

「住宅ローン借り換え成功物語」
http://fpbank.co.jp/lp/lp1.html

「住宅ローン借り換えのノウハウが7本の動画に」
http://fpbank.co.jp/lp2/lp2

「毎月開催!住宅ローン借り換えセミナー」
http://www.fpbank.co.jp/housingloan/seminar

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「住宅ローン借り換え」を実例から学ぶ 2 後の祭り… 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/09/03 17:10)

『住宅ローン借り換えの基本(準備編)』 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/15 13:00)

『住宅ローンの特徴』 【初心者向け】 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/14 13:00)

住宅ローン借り換え金利情報 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/18 21:00)

適用金利の最近の傾向 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/10 11:10)