【尖閣諸島だけではない】 日系企業を誘致攻勢 - M&A - 専門家プロファイル

森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
東京都
公認会計士・税理士
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【尖閣諸島だけではない】 日系企業を誘致攻勢

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 事業再生と承継・M&A
  3. M&A
海外進出

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。

昨年9月、首相と外相の不在中に起きた「尖閣諸島 中国漁船衝突事件」は衝撃的でした。

この8月にも、首相交代の空白期をついて、中国の漁業監視船2隻が尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入しています。

しかし、こうした動きは、中国・韓国・ロシアとの領土問題だけではありません。

震災後、各国から日本企業の誘致が増えています。


震災後の日本企業は、
・円高
・高い法人税
・高い電力料金
・労働規制
・自由貿易協定への対応の遅れ
・二酸化炭素の25%削減
といった六重苦・七重苦に苦しんでいます。

今、高い技術力を持った日本企業を狙って、海外からの企業誘致が盛んです。

例えば、
・韓国の各都市で、日本企業の誘致活動が活発化
・シンガポールは三井住友銀行と「頭脳集約型」日系企業誘致(2013年度まで)
(税制優遇措置に補助金)
・双日がベトナムは大型工業団地設立
(情報システムや環境対策の負担軽減)

善し悪しは別として、領土問題だけではなくビジネスでも、“相手が困っている時をチャンス”、ととらえるのはグ、ローバル化した競争社会では当然のことであり、現実ではないでしょうか。


今、日本側からも商工会議所などが、
・ビジネスマッチング
・販路開拓アドバイザーによる支援
・現地視察ツアー
などが組まれています。

大企業だけではなく中小企業も、生き残り、成長するためには、こうした機会を利用するべきでしょう。

ただし、海外進出は、販売・生産面だけではなく、法務面や税務面も十分留意しないと、思いがけない問題に発展するので十分に注意してください。


--- 良く読まれる、関連記事です ---
【海外に現地法人設立】 その時、検討すべき税務について

よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士

会社設立・創業融資をサポート

監査・税務・ビジネス、”3つのキャリア”で、約20年。 その間、いつも「決算書の数字の奥にあるものをみる!」感覚を研ぎ澄ましてきました。 だから・・・ベンチャーから上場企業まで、あなたの会社の、一番の社外サポーターに!

03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「海外進出」のコラム