住宅ローン見直しの目的(3) - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

山本 俊成
株式会社ファイナンシャル・マネジメント 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン見直しの目的(3)

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
ライフプラン 不動産対策(住宅ローン)
住宅ローン見直しのポイントで書いた3つの見直し目的について書きます。

3つある見直し目的の3つ目は「金利上昇リスクの回避」です。

借入金利が当初より上昇すると、当然毎月のローン返済額は上がります。
例えば当初ローンを組んだ時は3年間の固定金利が1.5%だったとしても、3年後の金利見直し時期には金利、返済額共に大幅に上がっている可能性もあるわけです。

こういった金利上昇リスクは住宅ローンの見直しによって回避することができます。

例えば金利上昇リスクを完全に回避したい場合は、金利が「全期間固定型」のローン商品に変更するといった方法があります。
また、ライフプランを考え、例えば子供の教育費がかからなくなるといった金利が上昇しても大丈夫な時期まで低金利で固定し、教育費負担が減ったところにローン返済負担を合わせるといったことも検討できます。

住宅ローンの見直しで金利リスクを上手に回避することで、無理の無い返済計画が実現できます。


FP山本俊成へのご質問・ご意見・ご相談はこちらをクリック