住宅ローン見直しの方法(1) - 保険選び - 専門家プロファイル

山本 俊成
株式会社ファイナンシャル・マネジメント 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン見直しの方法(1)

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
ライフプラン 不動産対策(住宅ローン)
住宅ローン見直しのポイントで書いた2つの見直し方法について書きます。

2つある見直し目的の1つ目は「繰り上げ返済」です。

繰り上げ返済とは、文字通り住宅ローンの一部を返済することです。
繰り上げ返済には「期間短縮型」と''「返済額軽減型」''の2つの返済方法があります。
どちらの繰り上げ返済でも総支払利息を軽減し、総返済額を減らすことができます。


■「期間短縮型」


繰り上げ返済する際、毎月の返済額はそのままで「返済期間を短縮」する方法です。
期間短縮型のメリットは住宅ローンを早く済ませることはもちろん、「返済額軽減型」と比べて支払利息の総額を減らすことができることです。
ただし、一度短縮した返済期間を延長することができませんので、将来資金繰りが苦しくなり、返済負担が大きくなったときに延長することができませんので、ご注意下さい。


■「返済額軽減型」


繰上げ返済をする際、返済期間はそのままで毎回の返済額を軽減する方法です。
返済額軽減型のメリットは毎月の返済額を減らすことで、家計の資金繰りに余裕を持たすことができます。
例えば教育費や収入の減少など資金繰りが苦しくなった時に、返済負担を減らせます。
ただし、「期間短縮型」と比べて支払利息の総額は大きくなってしまいます。

一般的には支払利息を軽減できることから「期間短縮型」が奨励されることが多いのですが、ライフプランによっては「返済額軽減型」のほうが良い場合もあります。

ライフプランをよく考えた上でご選択下さい。


FP山本俊成へのご質問・ご意見・ご相談はこちらをクリック