インド特許出願動向(第3回) - 特許・商標・著作権全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:特許・商標・著作権

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インド特許出願動向(第3回)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 特許・商標・著作権
  3. 特許・商標・著作権全般

インド特許出願動向(第3回)

河野特許事務所 2011年10月3日 執筆者:弁理士 河野 英仁

(3)コンピュータ・エレクトロニクス関連の出願が多い

 最後に技術分野別の出願件数を分析する。参考図4は2009年から2010年に出願された技術分野別の出願件数である。 

 参考図4 2009年から2010年に出願された技術分野別の出願件数

  コンピュータ・エレクトロニクス分野の出願が多く、次いで機械、化学、薬品、電気分野が続く。出願件数が増加しており、またコンピュータ、電気、電子分野の出願が数多く占めていることからこれらを審査する審査官もそれ相応の数をそろえる必要がある。しかしながら現在インド特許庁には2010年3月末の時点で審査官は80人しかいない。うちコンピュータサイエンス専攻の審査官はたった6人である。参考図5は技術分野別の審査官数である。審査体制の拡充を期待するところである。

 参考図5 技術分野別の審査官数

以上

ソフトウェア特許に関するご相談は河野特許事務所まで

 |  コラム一覧 |