ありがちな面接フィードバック - 面接対策・指導 - 専門家プロファイル

小松 俊明
リクルーターズ株式会社 経営コンサルタント (専門/人材ビジネス)
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ありがちな面接フィードバック

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 面接対策・指導
転職活動の悩み

面接が終わった後で「ちょっと弱い感じがする」という、なんともわかりにくいフィードバックを受けることはないか。何が具体的にどう弱いのか面接官(もしくはエージェント)に聞いてみても、しきりに繰り返されるのが「ちょっと弱い感じ」という言葉。これはなんだ?と不思議に思う人も多いに違いない。

僕が思うには、何か具体的に問題があったというよりも、これはどちらかというと候補者の方が面接の中で面接官に与えてしまったいわゆる『印象』である。どういうことかというと、おそらくコミュニケーションの仕方に原因があるに違いない。

面接官: 「人事の経験が15年ありますが、かなり経験を積まれてますね」
候補者: 「確かに長く人事をしてきましたが、これまで組合のある会社で働いた経験がないので組合関連は実務経験がありません」

そう、この答え方が実は「弱い印象」を与えている原因なのである。

実は面接官の会社にも組合はない。だから面接官は組合の経験の有無をあまり気にしていない。「人事一筋15年のベテランですね」と言わば候補者をほめたにもかかわらず、候補者の方は謙遜と謙虚さが入り混じり、自分のアラ探しをしてしまったというわけである。

もし一事が万事、このようなやり取りがなされたとしたらどうなるだろうか。

面接官: 「社会保険労務士の資格をお持ちですね」
候補者: 「実際、業務であまり役に立っていませんが」

面接官: 「5名の部下のマネジメントをされたんですね」
候補者: 「正確に言うと3名の正社員と2名の派遣社員で、途中で二人辞めたので実質3名の時期が長かったです」

候補者の方としては無意識のうちにこうした発言を繰り返しているのだろうが、やはり面接官としてはどうも肩透かしを食らっているような感じがして、なんとなくネガティブな印象を持つのではないだろうか。

その結果が「ちょっと弱い感じ」。注意が必要である。

転職活動の悩みをお持ちの方は、弊社がご提供する経歴書添削面接対策をご活用頂くのも一つの方法ですので、ご参考までにお知らせします。

このコラムに類似したコラム

3つの『え』が面接の印象を劇的に作用する 小宮 伸広 - キャリアカウンセラー(2012/01/06 16:13)

面接時 ポケット 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2012/11/27 19:00)

転職の手帖9:面接で戦術的に情報を収集・分析する 1 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2012/09/12 14:18)

転職の手帖8:面接で戦術的に自分をプレゼンする 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2012/08/28 13:47)

『人間力』ってなんだ!? 小宮 伸広 - キャリアカウンセラー(2011/11/30 11:00)