住宅エコポイント新制度導入へ - 中古住宅検査 - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅検査・測量

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅エコポイント新制度導入へ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅検査・測量
  3. 中古住宅検査

いよいよ今月末までの工事で、住宅エコポイン制度
当初より5ヶ月前倒しで終了することになりました。

経済対策の一環として始まった住宅エコポイント制度は、
省エネリフォームを促すことになり、大きな効果を及ぼしました。
2010年度上期のリフォーム・リニューアル受注高は4兆円を超え、
前年比でも6.4%増という上々の結果となりました。
※「建築物リフォーム・リニューアル調査報告」による

しかし、あまりにもエコポイント申請工事が多いので、元々設けた
予算を早々に消化すことになり、今回、7月末までの工事を対象とし、
申し込みを打切ることになったわけです。

ま、これはフラット35同様、予算ありきなので仕方ないですが・・・

しかし、中には今年の年末までに工事を予定した人もいるでしょう。
また、3.11の東日本大震災によって、新たな住宅建設や改修工事の
需要が増えてくることは間違いありません。

ですが、7月で打ち切りとなれば、今後の改修工事等は全て
住宅エコポイント対象外となってしまいます。

そこで政府は、住宅エコポイント制度に代え、
新たなポイント制度を導入することを検討しはじめたわけです。

新制度の概要は、まだ完全には定まっていませんが、
目下、政府は次のような検討を行っております。

※新住宅改修ポイント制度(仮称)検討事項
・対象工事をバリアフリーや省エネに限定しない
・階段への手すり、通常の壁紙張替もポイント対象にする
・1ポイント1円換算で、費用の5%程度を目安にポイント化

以上のような感じですが、最終的には2次補正予算に盛り込まれる
予定なので、骨格が固まるまでは、もう少し時間がかかるでしょう。

日本経済を活性化させるためには、住宅関連項目の経済対策が
必用になります。一度住宅を購入・改修等をしようとすれば、家具を
買い換えたり、テレビを買い換えたり、一緒に車を買ってしまったりと、

相乗効果的に大きな経済効果を期待することができます。

私の家では、長年使ってきた20インチのブラウン管テレビから
52インチの大型液晶TVに買い換えてしまいました。
ついでにTV台を買ったら、なんだか部屋全体を模様替えしたくなり、
今度はソファーとラグを買い換えようと考えています。
で、更には壁紙とフローリングのリフォームもしようかな・・・と、
ちょっと考えているところです。
もし、新たなポイント制度がスタートするなら、はやる気持ちに火がつき、

フルリフォームまで発展してしまうかもしれません

日本経済の活性化のために、
住宅関連の税制優遇や金利政策等は、是非引き続き来年以降も
予算を取っていただきたいですね

ちなみに近々、住宅金融支援機構の方に
来年度フラット35Sの継続の見込みを聞いてみようと思います。。


《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

このコラムに類似したコラム

ビー玉の転がる床は問題?建物が傾くとどうなるの? 堀 紳一朗 - 一級建築士(2015/07/03 11:03)

リフォームトラブル 大阪市 伊藤 裕啓 - 一級建築士(2013/06/14 17:28)

マンション大規模修繕工事 2年点検 伊藤 裕啓 - 一級建築士(2013/05/15 19:02)

外壁不具合箇所チェック 伊藤 裕啓 - 一級建築士(2013/03/15 21:37)