新築から何年で塗装するのが最適? ~サイディング編~ - 欠陥工事・建築紛争 - 専門家プロファイル

株式会社 トーシンリフォーム 代表取締役
神奈川県
リフォームコーディネーター
0120-775-388
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新築から何年で塗装するのが最適? ~サイディング編~

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 欠陥工事・建築紛争

以前に、モルタルの外壁の場合は、新築から5~6年で、全面の塗り替えをする事が理想的ですと書きましたが、サイディングはどうでしょうか?

サイディングは、新築の営業マンの大袈裟トークを聞いて、サイディングは塗装しなくていいって考えている方が非常に多いです。実際には、塗装は必要です。

今の模様が気に入っていて、違う色に塗り替えたくない場合は、クリアー塗料を塗ることになりますが、クリアーですから、汚く剥がれてからでは手遅れです。

クリアーがよければ、8年くらいを目処にお考えになればいいでしょう。

今の外観にこだわりがなく、塗りつぶして1色になってもいいという場合は、目地のシーリングが限界を迎える、10年が目安です。

結局は、状況にもよりますが、一つの目安にはなるかと思います。

 

ちなみに、新築から15年間、外壁塗装を行なわなかった物件で、甚大な雨漏りの物件がありました。

Photo

この物件です。

柱は、指で押すと崩れ、かなり危険な状態でした。

柱を交換、補強をして、サイディングは一面すべて張替えをしました。

通常の塗装に追加して、約50万円の工事でした。

築10年の時に施工していれば、かからなかった費用です。

やっぱり、長い目で見たら、早め早めに工事を行ったほうが、お得なんですよね。

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / リフォームコーディネーター)
株式会社 トーシンリフォーム 代表取締役

リフォームは誰がやるかが一番大事!

初めまして(株)トーシンリフォーム 代表の田中です!リフォームは人の手で作り上げるものです。どんなにいい材料でも、生かせるかどうかは、職人の腕次第なんです。トーシンリフォームは、腕利職人が丁寧な仕事をする事を約束します!

0120-775-388
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

大手OX建設の、あきれた手抜き工事 ~発覚編~ 田中 徹正 - リフォームコーディネーター(2011/07/03 09:54)

安かろう悪かろうの注文住宅 西村 和敏 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/30 09:00)

欠陥住宅と工事不具合 西村 和敏 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/03 08:00)

不動産売買 トラブル相談例⑨【取引の注意点:瑕疵担保免除の覚書】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/10/28 09:00)