表現として突き刺すのではなく、存在として際立てる - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

ウジ トモコ
代表取締役 アートディレクター
東京都
アートディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

表現として突き刺すのではなく、存在として際立てる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
戦略の可視化 「らしさ」と「一貫性」
こんにちは ウジトモコです

小さい企業の販促やデザインを最近一生懸命やっているのですが、マーケティングや広告デザインのルールどおりにいかないことがよくあります。

大手広告代理店を頂点としてピラミッド型に君臨したバブル期にまさにデザイナーの修行をしていた私にとって、対象が誰であれ、広告のルールは同じだと最初こそ、ずっと思っていました。

「経験」という物は不思議な物で「直感」が或る日突然「確信」に変わるときがあります。

もしも、小さい企業が少ない露出で、より多くの物を得ようとするのであれば表現として突き刺すことにあまり意味はないと、今私は思っています。

むしろ、その存在感として、際立てることに労力を尽くすべきではないかと。

小さい企業が、今集中すべきこと、それは自社「宣伝」ではなく自己「表現」なのではないかと思うのです。