情報を活用して差別化を図る時代 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

情報を活用して差別化を図る時代

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日は情報活用についてのお話です。

情報を活用して差別化を図る時代。

グローバルレベルでの競争が激化する中で、日本の中小企業がこれからも成長し続けるためには、このような考え方が必要になるのではないでしょうか。

多くの日本の中小企業にとって、価格競争に勝因を見い出せないのが現実。

価格面以外においても外国企業の追い上げが激しくなっているという現実があるわけですから、日本企業はスピード重視での経営を徹底しなければなりません。

スピード重視で自社の強みをさらに磨きをかける、スピード重視で新規事業を立ち上げる、スピード重視で新規顧客を開拓するなど。

そこでポイントになるのが、情報の積極的な活用です。

普段の何げない事業活動から得られる情報、各種メディアから発表される情報、インターネット上の情報、能動的に調査した情報など。

仮説構築のために情報を活用し、仮説検証のために情報を活用する。情報を活用することで仮説修正も容易になる。

情報に目を向けず何気ない横並び意識のままの経営を続けていることのリスク。このリスクは非常に高いのではないでしょうか。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)

このコラムに類似したコラム

IT経営革新に取り組みませんか 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/12/19 11:08)

インターネットビジネスの見える化 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/09/07 10:23)

インターネットビジネスの基本 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/09/01 15:38)

インターネットビジネスで外せないポイント 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/07/07 16:51)

改革の手を緩めない 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/04/26 14:40)