筆談でインテリアコーディネート - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

筆談でインテリアコーディネート

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅

長く同じ仕事をしていると、いろいろな経験をすることができます。会社勤めをしていた頃、福祉住環境コーディネーターの資格を持っているので、耳の不自由なご夫婦の新築のお手伝いをさせていただく機会がありました。

打ち合わせは、ほとんどが筆談です。自分の伝えたいことを、文字で書いて説明するということは、なんて難しいのか、と実感しました。

当然、話す場合よりも時間もかかります。しかも、見やすい文字を早く書くことは至難の業。元々字が下手なので情けなかったです。(オマケに漢字が書けない…)

とても大きな住宅だったので、決めることも多くて大変でしたが、本当に良い経験をさせていただきました。このご夫婦は、共にこだわりを持っている方でしたから、向こうから私に伝えたいこともきっとたくさんあったはず。

当然、ご自分たちの体の状態を良く理解されていますが、それでもいかに快適に暮らすか、好きなインテリアを楽しむか、そんな姿勢が素敵なご夫婦でした。

 

その後、この経験があったおかげで、やはり耳の不自由な別のご夫婦からもご指名いただいて、対応させていただきました。

筆談の腕前は上がっていませんが(笑)、初めてのことではないので、少しは良い対応ができるかな、と思いましたが、それがなかなか。体の状態が同じであっても、生活のスタイルが異なれば、求めることは違います。当然、インテリアの好みも違います。

この仕事は、二度と同じ内容はないのです。

若いご夫婦で、奥様はマリメッコがお好きでした。無事に完成して、お引っ越しが済んだ、とウニッコのカーテンの前で撮った写メを送ってくださったときは、本当に嬉しかったです。

やはり、誰かに喜んでもらえる。それが仕事の醍醐味ですね。

 

インテリアコーディネーターであり、ライフオーガナイザーでもある私の日常を綴っています。

http://ameblo.jp/jinjunjon/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

住宅建築コーディネーター 松永 隆文 - 建築家(2011/09/26 11:50)

手すりをつける 石井 純子 - インテリアコーディネーター(2010/10/08 10:30)

LDKに光を取り入れるための階段飾り棚 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/10/29 20:39)

地盤調査 松永 隆文 - 建築家(2016/10/20 15:24)

個人が売主の中古住宅を購入予定の方はチェックです。中小不動産仲介業者が入る個人間売買瑕疵保険について 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/09/06 22:50)