社員を見れば経営者がわかる? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

牛田 雅志
ブレインリンク・コンサルティング株式会社 
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社員を見れば経営者がわかる?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
モチベーション経営のヒント
投影の法則

 事業を経営していくなかでスタッフをどう成長させていくかは、経営者の方針で決まります。ガミガミとプレッシャーをかけて能力を引き出すやり方もあれば、“褒めてやらねば人は育たじ”と、見守りながら能力を引き出すやり方もあるでしょう。プレッシャーは短期的には効果はありますが、長期においては精神を疲弊させます。褒めていくことが慢心や驕りを誘発することもあります。人それぞれの価値観に合わせてやる気がでるよう育てることが一番なのでしょう。

 面白いもので、経営者とお話をしなくても、組織の末端にいる社員と接しているとその会社の姿勢がわかります。社員は経営者の行動をマネするという原則があるからです。社員は経営者と以下のように繋がっているのです。

社員の行動←幹部の行動←役員の行動←経営者の行動


 なので、「社員がやたら元気で明るい」ということなら問題はありませんが、
もし、「社員が外注先に横柄な態度を取っていた」なんてことがあると、経営者は真っ先に自分の行動を見直す必要があります。社外の方たちから見た自社の社員の評価は、経営者自らの評価と以下のように繋がっているのです。

社員の評価→幹部の評価→役員の評価→経営者の評価


 自分が成功して偉くなったと思うほど、相手を見下す態度になってしまいがちです。
「下足番や仲居さんにも人気のある政治家は出世するのだよ」とあるお客様に教えてもらいました。誰に対しても裏表なくお付き合いができるということなのだと思います。
社員が人から好かれ、元気で仕事をしていってもらいたいと望むなら、経営者が人から好かれ、元気に仕事をする姿勢が必要です。

正しいお手本を常に見せてあげてください。