震災と各企業の対応。私達の会社は・・・ - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

よしらぼ。
みうらぼ。 営業部 部長
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

震災と各企業の対応。私達の会社は・・・

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般

震災後はじめてのコラムとさせていただきます。
先ず、この度の東日本大震災において被災された多くの方々に深い哀悼の念と、心よりお見舞い申し上げます。そう言いながらも何をする事もできない私ですが、今後の復興に向け既に強い一歩を踏み出した方々の勇気に、深い尊敬と心からの応援をさせて頂きたいと思います。
この震災で皆様も私も、とても多くの事を考えさせられ、また、有事に浮き出る多くの問題点を否応にも目の当たりにされた方々も多かったと思います。
この一週間、どなたとお会いしても震災当日の話題から始まります。昨日、顧客のI氏にお会いました。I氏は当日営業先の代々木に居ましたが、直後から会社のある日本橋に歩いて向かいました。状況は周知の如く、平時でさえも人口密集の地を東奔西走し3時間歩いて日本橋に辿り着きました。I氏の社屋はビルの8・9・10階、I氏の営業部は8階部、殆どの営業マンは外出中にも関わらず8階の鍵は閉まっていた。しかもそのビル自体が停電でエレベータも使えなく真っ暗で誰もいない。途方にくれていると社長以下役員御一行様が、隣のコンビニから酔っ払って出てきた。「おー、お前どっから帰って来たんだ?」「新宿です、ところで今日はどうすればいいのでしょうか? 明日の土曜出勤はどうすればいいのでしょうか?」「って言うか、今日は直帰ですか?」「8階の鍵は?」・・・何の指示も無い。I氏自らが外出中の全営業マンに携帯からメールを流し直帰と8階の鍵の隠し場所を指示、そのメールが届かない場合に為に、届いた営業マンは手当たり次第アドレスを知っている他の営業マンにチェーンメールをするよう指示をした。「経営陣は社員を全然大切にしていないって事がよくわかりましたよ」とI氏が愚痴っていました。それに往々にして会社の社長は、広尾や白金に住み、車で通勤している場合が多い。震災当日の交通状況ですら“普段の倍”かかる事に文句を言っている。ガソリンが不足していても毎日車で出勤。恐らくこういう人は無人島でも「その魚、俺に1万円で売ってくれ!?何なら2万円でもいいから」などと平然と言うのだろうな。I氏の話は止まらなかった。(勿論、特異な例ですが)
有事には会社の考え方がよくわかります。その後の得意先に対する対応、社会に対する姿勢も含め、この震災でサラリーマンの皆様は“会社との付き合い方”を身に染みて考えさせられたのではないでしょうか?
結局、自分の身は自分で守るしかない。自分の家族は自分の自分で守るしかない。
そんな事を感じたのは私だけでしょうか?

このコラムに類似したコラム

2040年の人口減少予測の中でのアパート経営(1) 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2013/04/03 21:00)

「不動産投資」ではなく、「不動産経営」を行うべきです。 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2013/08/28 08:00)

収益用の土地を探す時に土地相場と同時に家賃相場をチェックを忘れずに 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2013/07/26 19:00)

2040年の人口減少予測の中でのアパート経営(2) 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2013/04/05 18:00)

アプリブック「サラリーマン大家の教科書」本日発売開始¥85 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2013/03/14 22:45)