No.122 低価格イメージからの脱却!日本マクドナルド - キャッチコピー - 専門家プロファイル

澤田 且成
アイディーテンジャパン株式会社 企業ブランディングコンサルタント
東京都
ブランドコンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

No.122 低価格イメージからの脱却!日本マクドナルド

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 文章制作・編集
  3. キャッチコピー
ブランディングニュース 『企業ブランド戦略の成功と秘密』

テーマ:低価格イメージからの脱却!日本マクドナルドの"i'm lovin' it"
--------------------------------------------------------------
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  2010.02.20
 “選ばれ続ける仕組み”を設計するメールマガジン

企業ブランド戦略の成功と秘密~知らないことが失敗を生む

:::::::::::::::::::::::: 第0122号  アイディーテンジャパン 発行
--------------------------------------------------------------

おはようございます。
アイディーテンジャパン・ブランディングニュース編集局です。

弊社代表、澤田は、
中国でのミーティングを終えて日本に戻ってきましたが、
・中国でのブランド戦略の動向、
・中国企業の日本ブランドへの期待について
中国のブランド戦略コンサルティング会社のトップと意見交換を行い
中国市場への新しいビジネスアイデアを得たようです。
⇒ http://www.katsunarisawada.jp/node/97 

また、
マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、スターバックスなど、
世界的に有名なブランド名を中国語で表記した場合
どうなるのだろう?

そんな答えが分かる写真を撮影しこちらに公開しています。、
漢字が読める日本人には「なるほど・・」といった印象です。
音と意味から中国語のネーミングは考えますが、
それぞれのネーミングはうまく考えられていますね。
⇒ http://www.katsunarisawada.jp/node/98


今回は、さて、本日のブランディングニュースは、
斬新なマーケティング戦略で、幅広い顧客層取り込んでいる
マクドナルドです。

日本にマクドナルドが誕生したのは1971年のこと。
1984年には年間売上高1,000億円を突破し、
社会を驚かせます。

その後、バリューセットや平日半額キャンペーンの導入が成功し、
「デフレ時代の勝ち組」といわれるようになりました。

しかし、
円安も重なって2002年には創業初の赤字決算となり、
「ハンバーガー=低価格食品」のイメージがついてしまいます。

その結果、
藤田田氏は引退。
日本マクドナルドはアメリカのマクドナルドの直轄体制となり、
大幅に戦略を転向します。

テキサスバーガーといったビックアメリカシリーズ、
「ついでに購入」を誘う100円マックメニューの拡大、
マックベーカリーといった新業態への挑戦など、
新しいタイプのマクドナルドで新時代のスタイルを築いていきます。

本日は、
この「低価格」のイメージからの脱却、そして
マクドナルドらしいポジショニングの見直しの基本となっている
"i'm lovin' it" の役割について、

弊社、澤田且成がブランド戦略の視点から
ご紹介させていただきます。

日本マクドナルド
http://www.mcdonalds.co.jp/

*        *        *

--------------------------------------------------------------
<本日の内容>
--------------------------------------------------------------

[1]  "選ばれ続ける仕組み"の事例:
低価格イメージからの脱却!日本マクドナルドの"i'm lovin' it" 

[2]  3月17日『「かおり」ブランディング実践術セミナー』
対談・特典のご紹介! 残席79

[3]  編集後記

--------------------------------------------------------------
[1]  "選ばれ続ける仕組み"の事例:
低価格イメージからの脱却戦略!日本マクドナルドの"i'm lovin' it" 
--------------------------------------------------------------

■ 低価格戦略からの脱却

「ハンバーガー65円!」
この衝撃的な宣伝に耳を疑った方は多かったのではないでしょうか?

1990年代の後半から日本マクドナルドの低価格化戦略が拍車がかかり、
消費者には今までのハンバーガーのイメージとは違って
財布が厳しくても手軽に食べることができる食事・・・
というイメージに移っていったと思います。

厳しい景気情勢ということもあって、
日本マクドナルドの戦略は市場のニーズに合致し、
集客・収益増を記録していきます。

しかし・・・

円安や客単価の低下に伴って創業以来初の赤字。

価格の見直しを図りますが、
一度、消費者の頭の中に記憶された
マクドナルドの安価なハンバーガーのイメージを
払しょくすることができず、
客離れを引き起こしてしまいました。


その後、大幅な戦略転換を実施。

・健康を意識したユーザーを取り入れるためサラダメニューを追加

・メガマックの導入

・テキサスバーガー、ニューヨークバーガーといった
期間限定ハンバーガーを販売

・24時間営業の店舗の拡大

を進めてきました。

また、少子化社会を見込んでターゲット層を
従来のファミリー層からビジネスパーソン層に広げ、

・マックカフェの導入

・プレミアムローストコーヒーの導入

・電源の設置

など、
マクドナルドに寄ってみたくなる理由をカタチにしていきました。


その結果、日本マクドナルドホールディングスは2009年末には、
・既存店舗売上高6年連続プラス
・6年連続増収
・全店舗売上高過去最高
という記録を残しました。

⇒ http://www.id10.jp/node/227

このコラムに類似したコラム

No.127 「ゆずすこ」に学ぶ、勝つネーミングの方程式とは? 澤田 且成 - ブランドコンサルタント(2011/02/12 18:15)