No.127 「ゆずすこ」に学ぶ、勝つネーミングの方程式とは? - キャッチコピー - 専門家プロファイル

澤田 且成
アイディーテンジャパン株式会社 企業ブランディングコンサルタント
東京都
ブランドコンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

No.127 「ゆずすこ」に学ぶ、勝つネーミングの方程式とは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 文章制作・編集
  3. キャッチコピー
ブランディングニュース 『企業ブランド戦略の成功と秘密』

テーマ:「ゆずすこ」に学ぶ、勝つネーミングの方程式とは?
--------------------------------------------------------------
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  2010.04.20
 “選ばれ続ける仕組み”を設計するメールマガジン

企業ブランド戦略の成功と秘密~知らないことが失敗を生む

:::::::::::::::::::::::: 第0127号  アイディーテンジャパン 発行
--------------------------------------------------------------

こんにちは。
アイディーテンジャパン・ブランディングニュース編集局です。

今日のテーマは名前をつけること、
つまり「ネーミング」です。

ある特定のものを識別するために「名前」はつけられますが、
この「名前」一つで大きく売上が変化します。

例えば「通勤快足」。
名前を見るだけで
通勤のときに足まわりが快適に過ごせる・・・というイメージが
容易に想像できますね。

実は、この「通勤快足」、
以前の商品名は「フレッシュライフ」だったんです。

売上はというと・・まったく売れませんでした。

そこで思い切って名前を「通勤快足」に変えたんですが、
変えた途端に、売上は一気に10倍近くになったそうです。
ネーミングの力を知る事例ですね。


今回、注目するのは「ゆずすこ」。
「それって何?」と思われる方は多いと思いますが、
「ゆずすこ」とは液体柚子こしょうのことです。
味は本当においしくて何にでも合う新感覚の香辛料です。


本日はこの「ゆずすこ」のネーミングを事例にして
弊社代表、澤田且成が、
成功するネーミングの方程式についてお伝えさせていただきます。

ゆずすこ
http://www.yuzusco.com/

*        *        *

--------------------------------------------------------------
<本日の内容>
--------------------------------------------------------------

[1]  "選ばれ続ける仕組み"の事例:
「ゆずすこ」に学ぶ、勝つネーミングの方程式とは?

[2]  編集後記

--------------------------------------------------------------
[1]  "選ばれ続ける仕組み"の事例:
「ゆずすこ」に学ぶ、勝つネーミングの方程式とは?
--------------------------------------------------------------

■ 一度聞いたら忘れない「ゆずすこ」

「ゆずすこ」とは、福岡県の高橋商店が
九州の名産である柚子こしょうをたくさんの方に食してもらおうと
開発した液体柚子こしょうです。

ユニークな香辛料としてだけでなく
和食、中華、パスタ、ピザ・・・なんでも合う万能味の調味料。

販売開始時から大人気で
ニューヨーク、パリ、ドバイでも大好評だそうです。

一度聞いたら忘れないその名前は、
原材料の柚子皮、お酢、こしょう(九州では唐辛子)の頭文字から
考えられ「ゆずすこ」が生まれました。

「連想力」という視点で分析すると、
全く白紙のお客様の頭の中に参入した・・・というよりは
既にある「タバスコ」の連想に入り込み、
独自のポジションを確保した・・・と説明できると思います。

商品企画力で注目されている「ゆずすこ」ですが、
そのネーミングにも大人気の秘密は隠されているんです。

 

続きはこちらから。

⇒ http://www.id10.jp/node/232

このコラムに類似したコラム

No.122 低価格イメージからの脱却!日本マクドナルド 澤田 且成 - ブランドコンサルタント(2011/02/12 17:57)