第264号:ギヴ・アンド・ギヴ - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

小笠原 宏之
IT・インターネット戦略のオガコムジャパン 代表取締役
千葉県
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

第264号:ギヴ・アンド・ギヴ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
ビジネスの小技 IT小笠原流

※筆者のメルマガからの転載です。 


 「信頼できるパートナーとはGive&Takeで仲良くやろう」
 と良く言いますよね。
 実はこの考え方には間違いがあります。
 
 「Give&Take」で付き合うのは、
 基本的に信頼できない相手との付き合い方で、
 本当に信頼できるパートナーとは
 「Give&Give」で付き合うべきです。
 
 「Give&Take」は紛争の元になります。
 「ギヴしたのにテイクできないのは約束が違う」とか
 「テイクできないギヴはしない」と言う発想に直結して
 います。
 「Give&Take」を、まだ信頼できていない相手との遣り取り
 と考えると、「テイクできて当たり前」という甘えが
 消えます。その関係には契約での縛りが必要です。
 
 次に、本当に信頼しているパートナーとは
 相手が「もう結構です」という程に与え続けても、
 その価値を上回る有形無形のお返しがあります。
 自分が「Give&Give」する以上に、相手も「Give&Give」
 してくれるのです。結果、双方に大きな価値が残ります。
 ここには形式的には契約もあるかもしれませんが、
 基本的に「信用」という目に見えない絆で結ばれます。
 
 夫婦関係も、経営者と社員の関係も、企業間の関係も
 「Give&Give」で付き合えるかどうかが重要です。
 
 <ご質問はこちらから:ogas@ogacom.jp

このコラムに類似したコラム

ITを活用できない一番の理由 小笠原 宏之 - ITコンサルタント(2010/07/14 13:10)

自分で動く。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/05/31 08:17)

中小企業がクラウド活用で成功するポイント その7 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2011/11/06 00:00)

クラウド革命がもたらす未来の経済と社会の変化 その3 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2010/11/29 07:00)

顔が見えるホームページを作ろう!! 千葉 英男 - Webプロデューサー(2007/10/03 11:34)