小さな和室 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

村上 治彦
一級建築士事務所 村上建築設計室 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

小さな和室

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
私たちの仕事 8坪の家(自邸)
8坪の自邸は、地下1階、地上2階で述べ床24坪です。
ただ、地下1階を事務所に使っているので居住スペースは16坪。

写真の和室は、LDK以外の唯一の居室です。

ですので、寝る場所となり、
お風呂上りのリラックススペースとなり、
時に子どもの遊び場となり…。
何でも転用できる柔軟性があります。

障子の先は地下への吹き抜けがあり、
その先に街(道路)があります。

和室は3畳ちょっとの小さい空間。
よく「吹き抜けがもったいないのでは?」
と言われることがあります。

でも、この吹き抜けがなかったら、
あまりに道路と近すぎて、
1日中障子を閉めっぱなしの気がします。
障子が閉まっていても、
風呂上りに下着姿でいるには居心地が悪い。

吹き抜けと2段階のスクリーン(窓と障子)が、
街との距離を調節してくれているのです。
数字的には床が大きくなっても、
感覚的に狭くなるのでは意味がない。
狭いからこそ生きてくる吹き抜けです。