従来の発想の枠を意識的に取り外す - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

従来の発想の枠を意識的に取り外す

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営戦略

中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日は議論の発想についてのお話です。

長引く不況の影響で、変化を求められている企業が多いですね。

私も数多くの中小企業支援の現場において、このような状況によく遭遇します。

多くの経営者の皆様は、このような厳しい状況について、当然理解されているわけですが、なかなか変化に踏み切れない企業が多いのが現実なのだと思います。

この手の議論をする際のポイントとして、意識して従来の発想の枠を取り外すことが挙げられます。

今までの事業経験に捉われない発想での議論をすることは、事業経験が長いほど難しいものです。

従来の成功体験に捉われない発想での議論が求められています。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

多面的な見方(2016/12/07 09:12)

世代交代(2016/11/17 09:11)

このコラムに類似したコラム

日本サービス大賞のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/07/14 10:39)

下請中小企業自立化基盤構築事業のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/04/07 10:36)

KBICシンポジウムのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/02/14 13:29)

企業連携を継続していくための大前提 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/07/09 11:21)

ダイバーシティ経営企業100選のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/07/01 08:44)