60歳までに3000万円貯められますか?2 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

60歳までに3000万円貯められますか?2

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
投資全般
年金制度や社会保障制度が変わっても、
受け取る年金の額が今より増えることは
到底考えられませんから、
ゆとりある生活のためには
「退職時に3000万円の貯蓄」は最低限ということでしょう。

(もちろん、年金も60歳から
 満額もらえるわけではありません。)


3000万円貯めるためには、
45歳から60歳まで貯めるとして年利1%で毎月155,310円を、
40歳から貯めるとしても
毎月113,539円積み立てなければなりません。(複利計算)

正直言って、子育て現役世代では
この数字はまず不可能でしょう。

それなら貯蓄で3000万円貯めるより、
25年にわたって月額10万円の収入を得る
収入源を作るほうがずっと楽です。


ローンで購入し
リタイアまでのローンは家賃収入でまかない、
退職後は
毎月の家賃収入を老後資金に当てる。

投資用不動産が売れている理由の一つは
ここにあります。
《3につづく・・・》


※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 ⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP