出産育児一時金の給付条件は? - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

出産育児一時金の給付条件は?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
労働トリビア
私は今、夫と二人暮らしで、去年の12月に結婚、今年の2月から一緒に住み始め、4月より働き始めました(正社員です)。
今年の1月までは別の会社で働いており、2〜3月は無職の状態でした。

そろそろ子どもがほしいな、と思っていますが、もし今妊娠し、体調が悪く退職した場合、
出産育児一時金はいただけるのでしょうか?
(加入期間が1年以上という条件に当てはまらなくなってしまうような気がします)

出産手当金なども考えると1年以上の加入が必要だとは思うのですが、それが不可能な場合は給付されるものがなくなってしまう、という理解でよろしいのでしょうか?

おそらく、妊娠してから数ヶ月で退職、ということになるように思います。
今妊娠するよりは、1年以上働いてからの妊娠のほうがいいのか…

今妊娠し、体調が悪く退職した場合でも出産育児一時金は出ます。しかし、もらえる金額に差がある可能性があります。

健康保険に加入していて保険料をきちんと払っている人なら、子供1人につき30万円が受け取れます(平成15年4月現在)。

双子なら2倍の60万円ですが、このときは、出産育児一時金の請求用紙の証明欄に、担当医から”多胎”と記入してもらうことを忘れずに!専業主婦やパートでパパの扶養に入っている人は、パパの健康保険から出るのでご心配なく。

勤務先の健康保険によって、あるいは国民健康保険でも住んでいる自治体によっては、「付加給付」がついて30万円にプラスが給付される場合もあります。

ちなみに、妊娠85日以上で死産や流産をした場合でも、この「出産育児一時金」の支給対象になります。

これからの未来設計をマネーの面からアドバイスいたします。

我慢するよりまず相談!FP知恵の木が力になります!!