中小病院の収益改善~収益機会損失防止策~ - 病院施設の増患増収益 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

河野 理彦
(行政書士)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中小病院の収益改善~収益機会損失防止策~

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 病院施設の増患増収益

最近、中小病院から「収益改善の有効な施策を提案して欲しい」という相談が増えてきております。弊社では、診療行為発生から算定・レセプト請求までのプロセスを把握・分析し院内に発生している問題点を改善するために下記のチェックポイントの分析を行っています。

1.院内のシステム(情報伝達)の流れ
2.医師、コメディカルの保険請求への認識度
3.各種帳票の共有と使用度合を確認
4.医師、コメディカル、クラーク間のコミュニケーション
5.医事部門の知識の共有と標準化の進展度
6.システムの欠陥(問題)の発見意識度

パートナーコンサルタントと上記のチェックポイントで分析すると収益の機会損失(レセプト請求もれ)が下記の原因で発生しているケースが多く見受けられます。

☆診療現場サイドに起因するもの
 1.指示・伝達の不備
 2.記載の不備
 3.診療報酬点数及び保険制度の理解不足

☆保険請求担当サイドに起因するもの
 1.実医療に対する理解不足
 2.保険制度の理解不足
 3.診療報酬点数の理解不足
 4.単純な算定ミス

収益の機会損失(レセプト請求もれ)が発生する原因は保険請求担当サイドだけにあるのではなく病院全体のシステム(仕組み)に起因することが多いので病院全体で収益の機会損失を防止する取り組みにチャレンジして頂いています。今後もチャレンジする病院を1件でも多く応援していきたいと考えています。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

接遇診断コラム/医院よりさすがと頼られる調剤薬局 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/04/26 09:52)

病院の「集客」、リピーターを色で考える うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/11 14:52)

介護現場で理解されていない『自己評価』 福岡 浩 - 経営コンサルタント(2011/11/15 23:30)

経過措置型の医療法人のオーナーにアンケート調査 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/07/11 20:01)