病院の「集客」、リピーターを色で考える - 各種の医療経営施策 - 専門家プロファイル

うえた さより
株式会社ローズ・ウェッジ 代表取締役 カラーアナリスト・コンサルタント
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

河野 理彦
(行政書士)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

病院の「集客」、リピーターを色で考える

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 各種の医療経営施策

以前にも、「病院のユニフォームの色で・・」というところでも、書かせていただきました。

今日、書いているのも無理もないのです。こちらの院長先生から、「ものすごく、好評!!」というお喜びのメールをいただきました。(日本時間の早朝)

こちらの院長先生から、「色を教えてほしい」ではなく、「その色という答えを導き出す考えを職員に教えてくれないかな?」というご依頼でした。大所帯の病院です。たかが色を決めるだけで意見がバラバラになると、本当に仕事にも左右しかねないこともあり・・・。私のセミナーや勉強会となったわけです。

たかだか、制服の色を決めるくらいで、セミナーや勉強会する!?と思われますよね?

これまでは、職員のみなさんの感覚で適当に「色」を決めていたそうです。まさか、色の効果や影響なんて、さほど大事だと思っていませんでしたよ。ほとんど「眉唾」「眉をひそめる」感じでした。

私はこちらで、病院の「集客」にも、「色」は大きく影響を受けていることなどを話しました。

制服という色も病院のコンセプトや病院のテーマカラー、院内の色、そして、組織だった考えを基に色を決める方法を説明・・・。

さて、セミナーや勉強会を受けて、メリットなぞあるのか?と思いますね。

・話題性:これまでの病院の枠を越えた制服の色。メディアの取材もあるでしょうね。

・意識が変わる:制服を見る患者さんの意識も変わります。自分たちで色を考えて決めたというところ。(院長先生はここが大きいと書いてました。)

・患者さまとのコミュニケーション:特に私が重視したのが「コミュニケーション」これまでの白の制服ではどこか話しかけづらい雰囲気があります。実は、看護士さんが一人一人の患者さまとの密なコミュニケーションをとることにより、再来院してくれるリピーターさまになってもらえる。そんな流れを考えました。

病院は、チラシで集客することもなかなかできません。雑誌などで、掲載してもどこも似たような感じになりがちです。

また、今の看護士さんにとって、就職先である病院は制服で決めていることが多いのです。「かわいい制服」がいいのです。実習中に、「この病院がいい。」とすぐに決めてくれるとリクルートにかける経費がいらないのですよね。

こちらは、「制服の色」を徹底的に考えることで差別化を計っています。

で、みなさん、この制服の色だけを見つめようとするでしょう。違いますよ。ちゃんと、病院のコンセプトをしっかり職員の皆さんで考え、そして、色におとしていく・・・面倒ですけど、この作業をしたおかげで、効果が出たのも早かったのです。



このコラムに類似したコラム

歯科医院をさがせるサイト 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2016/01/09 10:00)

案内サイト構築 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2015/11/02 19:00)

歯医者ドットコム 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2015/10/30 20:00)

NECネクサソリューションズ医業経営者向けのポータルサイトのコラム 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2013/10/05 20:42)

接遇診断コラム/医院よりさすがと頼られる調剤薬局 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/04/26 09:52)