要求している性能を満足する家【何のために?その2】 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

要求している性能を満足する家【何のために?その2】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりを成功させる知恵 何のために家を建てるの?

●要求している性能を満足する家 何のために家を建てるのか?その2



前回、何のために家を建てるのか?という話をして下記のような一例を挙げました。

 A「自分の要求している性能を満足する家が欲しい」
 B「周りの人にちょっとは自慢できる住まいを建てたい」
 C「欠陥住宅にだけはしたくない」
 D「今の住環境をよりよく改善したものを手に入れたい」
 E「子供にとっていい住環境を与えてあげたい」
 F「家に帰ってくると癒されるような環境にしたい」
 G「家族が全員幸せになるような家を手に入れたい」

今回はAのタイプについてお話します。

家を建てるときに「要求している性能を満足する家が欲しい」というふうに考えるのは健全です。なぜなら、大きなお金を投資する家づくりにおいて、その投資に見合う家の性能があるかどうか?という視点も重要だからです。また快適に暮らすことが出来る家かどうか?とうい基準にもなるでしょう。

最近では、性能表示や家の等級などを示すようなものもありますので、それも1つの指針になります。ただ、1つ気をつけなければならないことがあります。

それは「機能を優先しただけの味気ない家」になる可能性があるということ。

機能や効率優先の時代背景もあり、多くの人がそのことを重視しますが、心の安らぎという「目に見えない」視点も重要だということを認識してみてくださいね。当然のことのように聞えるかもしれませんが、Aタイプの人には忘れやすい視点でもあるのです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「家づくりを成功させる知恵」のコラム