欠陥住宅にしない!&改善したい!【何のために?4】 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

欠陥住宅にしない!&改善したい!【何のために?4】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりを成功させる知恵 何のために家を建てるの?

●欠陥住宅にしない!&改善したい! 何のために家を建てるのか?その4



何のために家を建てるのか?多くは下記のような答えが返ってきます。

 A「自分の要求している性能を満足する家が欲しい」
 B「周りの人にちょっとは自慢できる住まいを建てたい」
 C「欠陥住宅にだけはしたくない」
 D「今の住環境をよりよく改善したものを手に入れたい」
 E「子供にとっていい住環境を与えてあげたい」
 F「家に帰ってくると癒されるような環境にしたい」
 G「家族が全員幸せになるような家を手に入れたい」

今回はCとDを一緒にお話します。

まずCの「欠陥住宅にだけはしたくない」という理由。
これは、周りで欠陥住宅になった知り合いが居たり、TVや色んな情報で、悲惨な話を聞いたことがある人の中には「欠陥住宅」に対して敏感になります。

実際に「欠陥住宅にならないための会」などもあったりして、有益な情報も沢山だしていますが、私個人の考えですが「欠陥住宅にしない」を動機の1番にするのはお薦め出来ません。なぜなら意識が「欠陥住宅」に行ってしまい、本来家を建てる本当の目的に近づかないからです。

そしてDの「よりよく改善したい」。ビックリするかも知れませんが、Dの動機も結構Cとちかいものがあり、改善点に頭が行きがちになり、やはり本来の目的からずれてしまう傾向があります。

ですので、CDとも一番目の動機からはまず外す事をお薦めします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「家づくりを成功させる知恵」のコラム