2010年度 住宅着工戸数は徐々に回復 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2010年度 住宅着工戸数は徐々に回復

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般

このほど(財)建設経済研究所が試算した
2010~11年度の住宅着工戸数の予測データによると、
建設市場は徐々に回復に向かっているという事です。

発表内容によりますと、
本年度住宅着工戸数は82.4万戸と予測
昨年は77.5万戸程度と、45年前の水準まで落ち込みましたが、
今年は何とか80万戸の壁を越えられそうです。

そして特に、持ち家の着工戸数が大きく回復しています。

昨年からの経済対策による贈与税の非課税枠の拡大や、
住宅エコポイントの浸透、そしてフラット35S金利引き下げにより、
マイホーム市場の需要が増えている状況が見られ、
穏やかながら住宅市場の活性化に繋がってきています。

発表では、2011年度までが試算されており、
回復基調は継続していくという予測になっています。


しかし、フラット35の金利引き下げ期間延長や、
住宅エコポイント適用期間延長などの経済対策効果は
期待されていますが、抜本的な景気回復のシナリオが無い状態では、
いつまで経っても安定した経済は望めないでしょう。

アメリカでは、今年4月に住宅減税が打ち切りになって以降
それまでの景気回復の勢いを失い、再び雲行きが怪しくなっています。
日本でも、9月にエコカー購入の補助金が打ち切りとなり、
10月はタバコ増税等もあって駆け込み需要が伸びるなど、
一部企業(産業)の業績を前進させることとなりました。
しかし、既に経済アナリストの中には、本年度10~12月期のGDPを
マイナス成長と予測している人もいる状態です。
特に輸出産業中心の日本では、円高進行も深刻です。

病気と同じで、一時的に症状を抑える薬を投与しているだけでは
本当の治療にはなりません。
根本の病魔を退治する大手術を行なわない限り、
日本経済に明るい未来は無いような・・・


政府にはもっと頑張っていただき、
景気回復に向けしっかりした政策を行ってほしいと願います。

《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

◎FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

◎住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

このコラムに類似したコラム

≪アドキャスト presents! 2015年年末特別企画★≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/11/09 10:13)

10/4開催≪アドキャストpresents*失敗しない住宅購入術≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/09/07 11:10)

≪アドキャストpresents*GW特別企画≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/04/06 11:06)

★12月開催・アドキャスト無料セミナー★@ アドキャスト恵比寿本店 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/11/03 09:43)

住宅購入だけに目がくらむとお金が回らない?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/09/29 10:00)