こころの健康政策構想実現会議 - 毎日のつらさ - 専門家プロファイル

松戸こころの相談室 メンタルヘルスコンサルタント
千葉県
メンタルヘルスコンサルタント
047-701-7668
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こころの健康政策構想実現会議

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 毎日のつらさ
心理カウンセリング・セラピー 勇気づけ

日本の精神保健・医療・福祉をかえていこう-イギリスの家族支援から学ぶ-

10月23日、東京都精神医学総合研究所 西田 淳志氏による 上記の演題の講演を聞きました。

そこで西田氏が 「こころの健康政策構想実現会議」の事務局長をされ、「こころの健康を守り推進する基本法」(仮称)の制定に向けて署名運動を行っておられることを知りました。

「精神疾患は三大疾患のひとつこころの健康推進をわが国の基本政策に!100万人署名活動」http://www.yadokarinosato.org/cocoro-syomei-p/index.html

1次締め切りは過ぎてしまいましたが 2次締め切りは 11月6日、3次締め切りは12月20日となっています。

11月には都内で 街頭署名運動も計画されているとのことでした。

若い研究者の方が ブレア政権下の精神医療改革を、イギリスの家族支援を学び、その成果を日本にも取り入れて行きたい、と具体的に行動を起こされていることに とても感銘を受けました。

イギリスの家族支援団体「Rethink」は 統合失調症の家族会が母体となりましたが あらゆる精神保健福祉サービスを提供しており、精神疾患を総合的にケアしているそうです。

西田氏は 日本でも統合した精神疾患ケアの必要性を説いておられました。

統合失調症、うつ病、発達障害を始めどのような精神疾患であっても 家族が迷い、悩み、不安に陥るのは同じです。対応の方法は「勇気づけ」・・・だと思います。

松戸市市民活動助成審査で「勇気づけ対応の必要性」のプレゼンテーションを行った足で行った講演会でした。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(千葉県 / メンタルヘルスコンサルタント)
松戸こころの相談室 メンタルヘルスコンサルタント

不登校・うつ症状・PTSD等の早期改善とご家族へのサポート

私は自分のうつ症状を アドラー心理学の実践で脱しました。あなたをEMDR、ブレインスポッティング、ソマティックエクスペリエンス、エリクソニアン催眠、USPT、ホログラフィートークを含むセラピーで、ご家族はアドラー心理学でサポート致させて頂きます

047-701-7668
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「心理カウンセリング・セラピー」のコラム

うつ病になる3つのタイプ(2010/12/14 09:12)

このコラムに類似したコラム

がん治療での免疫力を高める精神神経免疫学 奈良 修次 - 鍼灸師 臨床検査技師(2013/04/08 23:00)

「勇気づけ」の威力 シェシャドゥリ(福田)育子 - メンタルヘルスコンサルタント(2010/06/05 10:06)

反復性うつ病の患者さんへの行動記録による再発予防の試み 茅野 分 - 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)(2016/10/27 22:03)

6月病とは 茅野 分 - 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)(2016/06/18 09:15)

10代のリアルな心境(家出について③) 濱田 佳奈子 - メンタルケア心理士(2014/04/08 22:25)