FPのレベルはいかがなものか? - 家計診断・家計の見直し - 専門家プロファイル

寿FPコンサルティング株式会社 代表取締役
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

FPのレベルはいかがなものか?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計診断・家計の見直し

色々な新聞や雑誌でFPの記事を読んで、

使い回しのネタが多いというか、知識の焼き直しが多いな、

と感じる今日この頃。

 

実務家FPにお会いすると、優秀な方がいらっしゃるんですが、

執筆等まで手が回らない様子。

 

さらに、新しいネタを提供する執筆者は、内容も難しい(一般受けしない)からか、

連載には至らないのかなぁ、という方が結構いらっしゃいます。

実務家FPからすると、執筆が一番稼げないのかも知れません(商業出版除く)

 

そろそろ、連載山盛りの先輩方にも過去のつながりだけで仕事してないで、

進化したFPの仕事を披露してもらいたいと思うのは私だけでしょうか?

 

現状のFPの世界は、上記のように使い回しが多く、

現状を踏まえて未来を俯瞰するような、先見性のある方の話が見聞きしたいと私は希望します。

新しい価値を生み出さないで、社会に貢献できるのでしょうか?

 

かつて東大生が、官僚を目指して、

一昔前の東大生が、外資系金融機関を目指したように、

優秀な(少なくとも勉強のレベルで)人材にFPになってもらわないと、

FP業界全体の水準が向上しないのではと思います。

 

一般受けするネタを書くスキルと、

難しい案件や考えをコンパクトに要約するスキルが、

うまく両立しないんですね。

 

あるいは、ネタが陳腐化していくんですね。

実務家FPと評論家FPは二兎なのでしょうか?

 

ところで、私も含めて自戒をする必要があるのですが、

人の知識を焼きなおすだけで仕事になってしまうのは、

職業FPとして、大変に残念です。

 

もったいない業界です。

優秀な方、これから活躍できますので、

ふるってご参加ください。

 

 

私も頑張りますので。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
寿FPコンサルティング株式会社 代表取締役

FP王子がズバっと解決!

日本では数少ない総合型FPとしてセミナーや個別のご相談を承っております。累計のセミナー受講者数約5000名、年間相談件数200件超、暮らしとお金のことから経営相談など多岐にわたるコンサルティング業務を展開

このコラムに類似したコラム

職業セラピスト。不動産バブル 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/12/02 09:00)

「ダンナの遺産を子どもに相続させないで」 発売中です! 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2014/12/01 12:39)

KINZAIファイナンシャルプラン2014.1月号執筆しました 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2014/01/14 08:00)

KINZAIファイナンシャルプラン12月号執筆しました 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2013/12/22 08:00)

電子書籍:ファイナンシャル・プランナー・マガジン Vol.002(2013年夏号) 発売 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/13 13:54)