コレステロールは高めがいい? - 貯金・家計キャッシュフロー - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コレステロールは高めがいい?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 貯金・家計キャッシュフロー
最近の出来事

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。 

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるコラムです。

 

 コレステロール、とくに悪玉コレステロールといえば、活性酸素によって酸化され血管の細胞を老化させ、血流が悪くなり、動脈硬化などの大きな病に発展する可能性が…という具合に、身体にマイナスなもの、と相場が決まっていました。

 ところが、「日本脂質栄養学会」が、「コレステロール値は高めの方が長生きで良い」とする、これまでの常識を覆す内容の指針をまとめました。

 あれ?コレステロールは下げなくてもいいのでしょうか?

 コレステロールには、LDLと呼ばれるものと、HDLと呼ばれるものがあり、それぞれ「悪玉」「善玉」と呼ばれています。


 生活習慣病の専門家が集まる「日本動脈硬化学会」は、悪玉コレステロールが高すぎると心臓病の要因になるため、食生活の改善や薬の服用により下げるべきだとし、2007年、高脂血症(脂質異常症)と診断されるコレステロールの基準値を、男女ともLDL140(ミリ・グラム/デシ・リットル)以上、またはHDL40(同)未満と定めました。

 ところが、今回の日本脂質栄養学会の指針では、「心臓病だけでなく、がんや肺炎などすべての死亡原因を含めると、現在の基準値の140より高い方が死亡者が少ない」として、新たな基準値を示しませんでした。

 神奈川県伊勢原市の男女約2万6000人を8年間追跡した研究では、男性はLDL100~160で死亡率が低く、100未満で上昇。女性はLDLによる影響は少なかったが、120未満で死亡率が上昇。

 また、全国の脳卒中患者1万6850人を調べた別の調査では、高脂血症の人の方が脳卒中による死亡率が低く、症状も軽かったそうです。

 
 なるほど、何にでも共通することですが、物事は一方向だけから見るのではなく、全体を見渡すことが大事ってことですね。

 人生設計(ライフプラン)も、その通りです

 森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

 スマートマネー塾「道場編」をお申込みの方はこちらhttp://fpmori2.blog89.fc2.com/blog-entry-21.html

このコラムに類似したコラム

ライフプランの作成方法[インタビューコラム] 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/01/20 14:21)

【専門家に聞く!】個々のライフイベントを把握しよう 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/01/13 13:06)

日本人の平均余命と、ライフプラン作成のお勧め 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/01/28 11:33)

新年のご挨拶 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2014/01/01 10:00)

結婚のきっかけ、25歳までは「子どもができた」が50% 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/30 11:20)