振興銀ペイオフと預金者 - 貯金・家計キャッシュフロー - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

振興銀ペイオフと預金者

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 貯金・家計キャッシュフロー
最近の出来事

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。 

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるコラムです。

 

  戦後初のペイオフが発動された日本振興銀行は13日、営業を再開し、定期預金払い戻しの受付を始めました。

 振興銀の定期預金は、中途解約した場合その期間に応じて、利率が20分の1~100分の1まで引き下げられる契約になっているため、中途解約をすると、利率が大幅に引き下げられてしまいます。

 しかし、8カ月後をめどに一時的な受け皿となる継承銀行に事業を移管するまでは、他行より高めの現行の金利が維持されることになっているため、窓口での担当者からの説明で、解約を思いとどまる預金者が続出しているそうです。

 

 全額保護の対象外の1千万円超の預金者も、同様に満期まで待った方が利息は増えます。

 ただし、1千万円分とその利息は、解約手続きをすれれば払い戻されますが、それ以上の分は解約できません。

 

 それでは、1千万円以上はもう戻ってこないのでしょうか?

 どうやら、振興銀の債務超過の額に応じてどの程度カットされるかが決まるため、全額が戻ってこないということではないようです。

 カット率は、民事再生法の適用を申請した東京地裁で最終的に決定・認可されますが、確定するまでには、1年以上はかかる見通しだそうです。ただ、数カ月後に、預金保険機構が暫定的なカット率を算定し、概算で払い戻しを受け、地裁の決定後に最終精算することはできるようですよ

 森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

 森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

このコラムに類似したコラム

金融機関の破綻とペイオフについて 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2010/10/16 10:14)

「銀行口座(預金)」の種類・特徴 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/08/28 07:00)

先日の預金封鎖の特集と銀行の選択 井浪 啓之 - 保険アドバイザー(2015/02/20 18:06)

「フィッシング詐欺の実態を探る!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/01/17 17:28)

ペイオフ制度のおさらい 土面 歩史 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/28 06:57)