第4部3回PR講座~成功事例編 スープカレーブーム~前編~ - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

井上 岳久
戦略PR&マーケティング総合研究所 戦略PRコンサルタント、中小企業診断士
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

第4部3回PR講座~成功事例編 スープカレーブーム~前編~

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略

[成功事例編3]スープカレーブームの醸成 ~前編~

 

 今や東京でもすっかり定番メニューとなったスープカレーですが、

東京に上陸したのは2002年のこと、そのブームを牽引したのも、実は私の成功事例の1つです。

 

 その頃、スープカレーは発祥の地・北海道では人気があるものの、他では知られていない地域限定メニューでした。

北海道での余勢を駆って東京に進出しようとする人もいましたが、なぜか受け入れられず、1か月ももたずに閉店して

しまう店ばかりだったのです。

 

 当時、横濱カレーミュージアムのプロデューサーをしていた私は、何とかこのスープカレーを東京で広めたいと思って

いました。粘って計画を進めるうちに手を挙げてくれる店も現れたのですが、私は自分が一番美味しいと思う「マジックス

パイス」という店に狙いをつけていました。そこの店主はなかなか首を縦に振ってくれなかったのですが、「もし今、本当

に一番美味しい店が出店しなかったら、スープカレーは永久に東京では流行りませんよ」と真剣に思いを伝えたところ、

ようやく承諾してくれたのです。あれが殺し文句だったのだなと、後になって自分でも思い至りましたが…。

 

 こうして本命に出店を取り付けられたので、次は啓蒙活動を開始しました。そもそも東京のメディア関係者はスープカレ

ー自体を知りませんから、リリースや資料を作ってマスコミ巡りをし、試食会を開いたりもしました。メディア関係者は目新

しいものが好きですから、面白がって話を聞き、特集記事を組んでくれたりしました。そうしてブームの下地を醸成していった

のです。

 

井上戦略PRコンサルティング事務所http://www.mk-pr.jp/

このコラムに類似したコラム

100円!マクドナルドから学ぶ「集客」 うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/07 17:06)

トレンドを読む:トヨタ86から学ぶもの うえた さより - マーケティングプランナー(2012/05/01 10:55)

価格ではない闘い方も、大切だ うえた さより - マーケティングプランナー(2012/01/22 15:25)

色だけで、集客していませんよ。 うえた さより - マーケティングプランナー(2011/11/18 20:00)

販促物は誰のためのものか うえた さより - マーケティングプランナー(2011/11/12 18:49)