子供部屋を考える その3 それぞれの考え方・・ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供部屋を考える その3 それぞれの考え方・・

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
子供の住環境を考える 子供部屋を考える
●子供部屋を考える その3 それぞれの考え方を知る

「どうして、自分やパートナーの子供の頃の部屋の話が出たんだろう?」と考えた人もいるかも知れませんね。

確かに、単に昔を思い出して欲しいという意味ではありません(笑)。ポイントなのは、「子供部屋に対する夫婦それぞれの考え方、価値観のベースが自分の子供時代からきていること」を知るところにあります。

例えば「子供の頃、マンション暮らしで一人部屋がもらえなかった」という思いが強い人は、「自分の子供にはせめて、一戸建てで一人部屋を与えてあげたい」という思いが強くなり、それが子供部屋を決めるための要素となってしまうことがあるのです。

そして、パートナーとの話し合いでお互いの価値観や考え方が違う時は言い合いになったりします。このときの言い合いのエネルギーの消耗はかなり激しいでしょう。またどちらかが遠慮してしまうと、そこでバランスを失ってしまいます。そしてそれは将来的に問題のひとつとして出てくる可能性もあります。

そこで今回の話し合いです。
-------------------------------------------------------------
 パートナーとの間でどのように考え方が違うでしょうか?それはなぜ?
-------------------------------------------------------------
よかったらパートナーと話し合ってみてください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「子供の住環境を考える」のコラム