住宅金融公庫融資とフラット35 - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPソリューション 
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅金融公庫融資とフラット35

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
現在日本の景気が上昇しそうな感じですね。このような場合、借り入れは長期の固定金利が基本になります。その理由は、ローン支払い中の金利が変わらないからです。
そこで今回は長期の固定金利商品で代表的な住宅金融公庫融資とフラット35についてどちらがいいのかを考えて見ることにしましょう。
この2商品は契約期間中はどちらも金利が変わらないので、検討事項としては金利、諸費用になります。
金利(2月18日時点)は、住宅金融公庫3.28%〜(条件により金利が異なる)  フラット35 2.461%〜3.510%(金融機関により異なる)。
諸費用は、フラット35は保証料、繰上げ返済手数料、抵当権設定登記時の登録免許税がかかりません。
上記のことを考えるとフラット35のほうがよく思えます。しかし、もうひとつ気を付けないといけないことは、いつの時点の金利が適用になるかということです。
住宅金融公庫融資は、申し込み時の金利が適用になります。フラット35はローン実行時の金利が適用になります。
ということは選ぶ基準は今後景気が上昇しそうなので住宅ローンの実行はいつなのかということになります。
住宅ローンの返済の開始がまだ1年後、2年後ならば申し込み時の金利が適用される住宅金融公庫がいいかもしれません。6ヶ月後ぐらいだと微妙なところでしょう。2ヶ月後ぐらいに住宅ローンの返済が始まるのであればフラット35のほうがいいような気がします。ただ、正直なところわかりません。
住宅ローンの返済開始がまだ先ならば、一度公庫融資を申し込んでおき、そして返済開始が近くになったところでフラット35のほうが有利そうならば変更するのもいいでしょう。

◆住宅金融公庫の融資の申し込みは平成18年の末までになります。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。