浴槽の最適な設置方法〜半埋め込みタイプ〜 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

平原 光人
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

浴槽の最適な設置方法〜半埋め込みタイプ〜

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりのノウハウ

浴槽の設置方法




■浴槽のタイプは半埋め込みが最適



浴槽には、
埋め込みタイプ、半埋め込みタイプ、据え置きタイプの
3タイプがあります。

子どもや高齢者のことを考えると、半埋め込みタイプが
いいでしょう。
1/3くらいを埋め込み、縁の高さが約30〜40cmくらいに
すると、子どもや高齢者でもラクに入ることができます。



■手すりを取り付ける



入浴する際、どうしても体が不安定になるため手すりを
取り付けるといいでしょう。ケガの防止にもなりますので
丁度いい場所に取り付けましょう。



◇注意点◇
1)壁面や浴槽などは、抗菌、防汚機能のあるものや水はけの
いいものを選ぶようにします。
日頃の手入れがラクにできるものがいいでしょう。

2)出入口は、段差をなくし手すりをつける。床材は滑りにくい
素材のものを選ぶ。


 



ナユタの夏の家づくりキャンペーン

一級建築士事務所 ナユタ
http://www.nayuta-co.com/

納得!暮らしの快適空間
http://www.kaiteki-kukan.net/