冒険心を思い出そう - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

松脇 美千江
ベストライフ・コーチング 代表
熊本県
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

冒険心を思い出そう

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

人が将来を思う時、「現状維持の将来」ではなく、「今よりももっと
生き生きとしていたい、もっと可能性を広げていたい」と思います。


そして同時に、こんなことをやって失敗したらどうしよう、自分なんかに
やれっこない、今のままが安全・・・等、冒険をストップさせる想いも
出てきますね。


しかし、思い出せば、怖さを感じながらも冒険したことで、
自分の可能性が広がった経験が誰にでも少なからずあると思います。

小学生の頃、一人で遠方の友人宅に泊まりに行って慣れない交通機関を
使って大変だったけどワクワクした、新人の頃、初めてのプレゼンをするとき
ドキドキしたけど精一杯の準備をしてやり遂げた等。


失敗を怖れる気持ちを超えて、冒険すると新しい可能性が拓けてきます。


あなたが過去、冒険したとき、冒険前の怖さを乗り越えられたきっかけは
何だったでしょうか?


私は以前、200名の会場にある方をお呼びして講演会を開催しようとしたとき、
スタッフを募集するのにとてもドキドキしたことがあります。

知っている人たちは皆忙しい人たち。迷惑ではないだろうかと思いました。
しかし、講演会での話は本当に多くの人に役立ててもらえる、
自分はその場を作ろうとしている仲介者なんだと、
自分というエゴを失くして取り組もうとしたときに、
スタッフ募集の声掛けをすることができました。


冒険をストップさせる気持ちを徹底して見つめると、怖いけどやる、
と切り換えられるポイントに辿りつけます。


今、あなたは、本当はどんなことに挑戦したいのでしょうか?
それを押しとどめている気持ちはどんな気持ちですか?


時々、自分の冒険心がどんな状態かチェックしてみましょう。


ずっと冒険しないでいると、潜在意識は退屈して、事故や不倫など
問題を作りがちです。退屈な人生から問題を作ってしまうのではなく、
冒険して失敗も沢山したけれど面白かったと思える人生の方が楽しいのです。

あなたは、本当はどんなことをしたいと思っていますか?

このコラムに類似したコラム

意識と無意識が統合されたセルフ 凰美ニルヴァーナ洋子 - パーソナルコーチ(2013/11/30 23:02)

もうムリ!と言いたいときは 小倉 美紀 - パーソナルコーチ(2013/04/05 08:00)

高度成長世代がコトの時代を生きる意味 中川 淳一郎 - 経営コンサルタント(2012/06/11 09:47)

フェリシモから「自分らしさを育てる」DVDが発売されました 小倉 美紀 - パーソナルコーチ(2012/05/21 17:32)

親は親で生きているのだから、子供は子供で生きているのだから 中川 淳一郎 - 経営コンサルタント(2012/02/28 07:00)