耐震等級 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐震等級

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●住宅性能表示制度 ☆構造の安定性
 性能表示で初めに評価を受けるのが構造の安定性です。地震に対してどのくらいの性能を持つのか(耐震等級)。台風に対してどれぐらいの強さがあるのか(耐風等級)。積雪に対しどうなのか(積雪等級)。の3項目をチェックします。但し積雪に対しては毎年1m以上の雪が積もる様な地域しか評価しない事になっています。

 耐震等級は3段階に別れています。建築基準法をクリアーすれば耐震等級1の評価を受けます。耐震等級1と云ってもバカに出来ません。
しっかり施工すれば、関東大震災クラスの地震に耐えうる強度を持つとされています。

 耐震等級2は1の1.25倍。耐震等級3は1の1.50倍の強度を有したモノに対し評価されます。ただ闇雲に頑丈な建物を造っただけでは、本当に耐震的な建物を云えません。

 一部分だけ建物を硬くしても、地震の際にそこを軸に建物が揺さぶられ反って住まう人に危害を及ぼす事も考えられます。

 建物4辺に対し均等に耐力壁を配置し、バランスよく揺れてくれる事を目指しています。又水平構面(床面・小屋面)の剛性についてもチェックします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●住宅性能表示制度」のコラム

耐風等級 積雪等級(2007/07/07 23:07)