金利が上がる前に…、これだけは知っておこう! - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

代表取締役
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

金利が上がる前に…、これだけは知っておこう!

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
押さえておきたい資産運用の鉄則
 日本の金利が上がった場合に、株式、債券、為替といった金融商品や、住宅の取得、さらには生命保険等の保険商品にどのような影響が出るかを理解して、すぐ次の行動に移れるようにしておく、ということが、今後のマネープランにおいては非常に重要となります。

理由については順次アップさせていく予定ですが、結論として、まずは以下の点を押さえておいてください。

<金利上昇によって受ける影響>
? 株式市場:短期的にはマイナスで長期的にはプラス要因
? 債券:完全なマイナス要因(金利上昇=債券価格の下落)
? 為替:円高要因
? 住宅ローン:返済額のアップという悪影響が出る
? 生命保険:保険の予定利率も引き上げに向かうため、保険料はいずれ安くなる(=好影響)
? 国内REIT(不動産投信):短期あるいは変動金利での借入れが多い場合、利払いが増加して配当が減るためマイナス要因

 金融政策によってもたらされる金利動向が、資産運用においては重要な鍵を握っています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
代表取締役

常に、NO.1のFPでありたい! 20年以上の経験・知識が息づきます

お金の知識次第で人生は大きく変わります。ご自身の希望を叶えるマネー・ライフプランの提案を。経験・知識・発想をフルに活かし、あらゆる課題に対応できる「No.1」の提案を目指します。 常に皆さんに求められるFPでありたい―それが私の思いです。