ルームシェアってどうよ?! - 不動産契約・売買トラブル - 専門家プロファイル

柴崎 角人
柴崎行政書士事務所 代表
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ルームシェアってどうよ?!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 不動産契約・売買トラブル

いきなり、古~い話で恐縮ですが、

ドラマ『ロングバケーション』を観て、いつか自分もルームシェアをするんだ!

と想いを馳せ、見事、実現されたヒトも多いのではないでしょうか?!

話の中では、男性と女性のシェアでしたが、、、私も、男同士ではありますが、シェア生活を送った経験があります。

その頃、外国人の方がシェア生活を送るというスタイルは、けっこうありましたが、日本人同士というのは、まだ意外に少なかったように思います、当時でも。

最近では、新聞や雑誌等でも紹介されるようなシェア生活の話などもあり、そういう案件を専門に扱う業者様もあるようですね。

さて、経験者として私がお話したいのは、ルームシェアのメリットばかりではなく、デメリットも考えないと、ということなんです。

私は、ひょんなことから会社員時代の元同僚とシェア生活をすることになったのですが、彼とは、スキューバダイビングや海外旅行などを共にした約10年弱のつきあいではありましたが、やはり、そこは他人です。

ある程度は、ルールを作り、お互いが同じ“温度”で感じることが重要です。

役割などを決めておくのも良いかもしれません。家賃や光熱費などの支払いも書面に残しておくことも大切だと思います。

親しい仲だからこそ、後々お互いが嫌な思いをしないためにも口約束にしておかないことは“大人のマナー”です。

あとは、楽しむだけです!

なんせ一人暮らしとは比較にならないほどの金額で23区内のどこでも住むことが可能となります。

ルームシェアは、ある意味不可能を可能にする生活方法だと思います。

自分ひとりでは出会うことのできない人との交流はお金では買えない貴重なものです。

 

みなさんも是非楽しいルームシェアライフを!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

それは「シェアハウス」とは言えないのでは。。 田井 能久 - 不動産鑑定士(2013/07/15 14:42)

「全賃住新聞・オーナー専科」2012.10.15 1048号≪ちょっとひと言≫ 渋谷 好幸 - 不動産コンサルタント(2012/10/26 10:11)

情報の取捨選択 富田 佳一 - 不動産投資アドバイザー(2012/05/14 20:55)

一番多いのが失業や減収です。 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/04/17 19:54)

賃貸オフィスの入退去をめぐるトラブル(2)賃借中 村田 英幸 - 弁護士(2012/02/03 12:41)