おこづかい帳を書く習慣 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

阿部 雅代
エレカ゜ントライフ合同会社 代表社員
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

おこづかい帳を書く習慣

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
定額制のおこづかいを与えるようにしたら、おこづかい帳を書くことを習慣にさせます。
大人の場合でも、よく「何にお金を使ったかわからないけど、なんとなくお金が無い。」ということを言います。
つまり、使途不明金が沢山あるということです。
会社で、もし使途不明金があったら、大変なことですよね。
でも、何故か、自分の家計だとそんな感覚がありません。
これはちょっと問題です。
ですから、子どものころから、おこづかい帳を書くことを習慣にすることが大切なのです。
自分は、どんなことにお金を使ったから、今お金が無いのかをきちんとわからなければ、反省のしようもありません。