軒の出を深く - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

米山 哲夫
有限会社家づくり舎ファミリー 代表取締役
埼玉県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本には、四季があります。

夏の太陽と冬の太陽は、 角度も日照時間も違います。

その対策の一つとして、昔から日本の家は

軒の出が長く、窓の上に庇がついていました。

   

よく見かける家は、軒の出が

 トイまで入れて40センチメートルと ほとんどありません。

  『土地が高く、敷地いっぱいに建てるんだから仕方がない』

 と思いますか? 

 

 では、庭側の南面は出していますか?

 おそらく出ていない家が多いと思います。

 

軒の出が必要という常識が、今の設計には無くなってしまったのです。

  

日本家屋の『軒の出』や『庇』には工夫がありました。

夏の日差しが 窓にかからない 形で造り、

冬になると、太陽が低くなるので室内に日差しを取りこむという工夫。

  

梅雨や秋雨の季節に外壁がなるべく痛まないように軒を出して、

雨が直接壁にかかりにくくするという工夫。

 

昔ながらの『日本人の知恵』を活用して欲しいと思います。

 

 

当社の家づくりの考え方は、

【断熱性や気密性を向上しエアコンで快適に】

という事より、

  

なるべく電気を使わず、快適にする事!

  

その手段の一つとして、『軒の出』にも

スポットライトを当てています。

 

他にも、自然素材使う事や、

昔の日本の知恵を取り入れた工法の

通気断熱WB工法を使った家づくりをお勧めしています。

 

(詳しくは以下のホームページへ)

 http://www.wb-koho.com/

  

今日本の温暖化対策運動は、

マイナス6%からチャレンジ25に変わりました。

もちろんLEDや太陽光発電も推進していきますが、

昔の日本の良さも踏まえた家づくりで、

チャレンジ25に貢献したいと思います。

 

あ!

でも、言った人 いなくなっちゃいましたね!!

 

このコラムに類似したコラム

狭小の設計・玄関脇のスペース 若原 一貴 - 建築家(2012/01/31 10:07)

「設計力のある工務店で家を建てよう」 清水 康弘 - 工務店(2014/03/14 10:07)

「今週お引き渡しの住宅」 清水 康弘 - 工務店(2014/02/28 15:46)

「住まいの設計・つくり手の会特別編集号」 清水 康弘 - 工務店(2014/02/13 21:33)

「家守り通信」 清水 康弘 - 工務店(2014/02/03 18:00)