「大学の学費」いつから何で準備しますか? - 教育費用・資金計画 - 専門家プロファイル

木和田 雅朗
FP事務所らいふ工房 代表
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:教育資金・教育ローン

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルアドバイザー)
渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
土面 歩史
土面 歩史
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「大学の学費」いつから何で準備しますか?

- good

  1. マネー
  2. 教育資金・教育ローン
  3. 教育費用・資金計画

文部科学省の調査で、2009年度に私立大学に入学した学生が納めた

 

 初年度納付金の平均額が1,312,146円とわかりました。

 

その内訳ですが

 

 入学金・・・272,169円

 

 授業料・・・851,621円

 

 施設費・・・188,356円

 

そのうち、入学金は入学時に1回納めるだけですが、

 

授業料と施設費は在学中毎年納めることになります。

 

なので4年間でその額約440万円。。。

 

 

ところで、その440万円をお子さんが18歳になるまでに

 

毎月積み立てて準備するとします。

 

お子さんが産まれてすぐ積み立てを開始すると、

 

毎月20,300円程必要となります。

 

また、お子さんが中学進学時、すなわち12歳の時から始めると

 

毎月61,000円程積み立てる必要があります。

 

 

この教育費ですが、自助努力で事前に準備すること

 

望ましいと思います。

 

奨学金などのいわいる制度的なものは、

 

使おうと思ったときに存在しているか分かりませんからね。

 

 

また、教育費を準備する手段ですが、

 

銀行等の預貯金でもOKですし、

 

保険会社等の学資保険でももちろんOK!

 

ご自身にあったものを選べばいいのです。

 

そしてなによりも

 

早く準備を始めること

 

が一番のポイントですよ!!

このコラムに類似したコラム

教育資金(6)奨学金の活用(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/07 08:57)

教育資金(4)低解約返戻金型終身保険とは(保険の見直し・山下FP企画) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/05 12:48)

教育資金(3)積立預金か、学資保険か(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/03 11:57)

教育資金(1)どのような教育を受けさせたいか(山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/04/30 10:55)

私大下宿生、仕送り額最低 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/07 11:18)