映画で学ぶビジネス心理「ウォール街」◆人を惹きつける秘訣 - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

北端 康良
カウンセリングスタイル 代表
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

映画で学ぶビジネス心理「ウォール街」◆人を惹きつける秘訣

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

就職や転職で悩んでいる人のカウンセリングをすると、自分のアピールポイントを整理し、
人が魅力的に感じるように伝え切れていないことが多々あります。

 

そんなあなたにおススメなのが映画「ウォール街」のワンシーン。

 

主人公のバドは成功を夢見る証券マン。そのため大口顧客に気に入られようと、
成功した投資家ゴードンに面会を求めますが、バドが持っている情報には
何の興味もしめしてくれません。

 

それもそのはず、ゴードンのほうが情報通だからです。
ありきたりの話しかしないバドにゴードンが言います。

 

「お前しか知らない話をしろ!」

 

情報でもモノでも自分が知らないこと、希少なものに興味を持つのが人の心理。
これは、就活も同じです。もし、あなたが、自分しか知らない情報や経験を元に
自分をアピールできれば、採用担当者の目を引くでしょう。

 

「何が希少なのか?」は人によって違います。

 

たとえば、島田紳助さん。彼はデビュー当時、老若男女すべての層に受ける
漫才が主流だった時代に、20代~30代の男性に絞り芸を磨きブレイクしました。

 

彼の漫才は「不良ネタ」。かつて不良だった自分の体験をもとに舞台に立ち、
一躍スターになりました。それは紳助さんしか知らない話題だったのです。

 

もし、あなたが学生なら、今の学生しか知らない何かがあります。

もし、営業をやっているなら、営業現場でしかわからないことがあります。

学校の先生をやっているなら、先生でないと知らない何かがあります。

 

身近な場所に、経験してきたことの中に、あなたの貴重な何かが隠れています。

 

「普通の人が1時間かかることを30分でできる」

 

そんな技術を持っていたら、あなたを必要とする会社がいるでしょうし、そのノウハウを教えて欲しいという人もいるでしょう。

 

それを見つけた人に、チャンスの女神は微笑んでくれます。

このコラムに類似したコラム

わたしが好きなことを仕事にするまで その2☆ Yuriel - 恋愛アドバイザー(2012/10/21 05:55)

チャンスは1回でよいのか?大学卒業者就職比率の国際間比較 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2011/11/28 18:00)

リスクを避ける生き方が、一番リスクが大きい(TIME誌より) 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/06/20 17:59)

大学時代を振り返って 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/01/30 19:00)

「日本の大学かカナダの大学か」迷った時に読んでください 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/07/12 19:16)