当院からのメッセージ。最初に読んでもらいたいこと - 体質・アレルギー改善 - 専門家プロファイル

sekimura鍼灸院 鍼灸マッサージ師
鍼灸マッサージ師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

当院からのメッセージ。最初に読んでもらいたいこと

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体質・アレルギー改善

当院は赤ちゃんが欲しいのになかなか授からない方のサポートをすることを目的として設立しました。

東洋医学の伝統と理論と知恵を持って患者様の幸せをサポートし、赤ちゃんを授かるとは一体どういうことなのかを啓蒙することも使命としております。

あすのコラムで取り上げますが、胎児が母親の胎内にいる期間に30億年分の進化と30億倍の体重増加が起こります。

1日当たり1千万年分の進化が起こるという計算です。

妊娠期間における食事の質が、子供の身体、精神、体質に決定的な影響を与えるということを知っていただき、大事に育てていただきたいと願っております。

また、マルチビタミン剤がどのくらい必要なのかという世間一般の考えにはなかなか賛同できません。

当院は食事から本来自然な栄養をとり、日本古来の食生活である和食を見直す「マクロビオティック」の立場をとりたいと思っています。

 

昨今の安易な栄養補助食品をとり、それに期待をし、甘んじることを警戒しております。

Aさんには2人の子供がいます。

一人目の子供を授かった時には夫婦で本当に身体に気を使い、いい水と栄養のたっぷりありそうな野菜を中心とした食生活をし、足らないものはプルーンなどを食べ抗酸化に努力してきました。その結果、第一子は肌のすべすべとした玉のような男の子が産まれてきました。モデルとしてテレビに出たこともあるくらいです。そして現在に至るまで病気をしたことがありません。風邪をひいてもすぐに治ります。強い子なので子育てがすごく楽なのです。

第二子は一人目が健康な子供であるという余裕があり、妊娠中にお酒をいただいたり、ジャンクなものを食べたり、あまりいい食生活をしていたとは言えませんでした。授かった子は、すこし肌あれがあり、痒くて掻くのでなかなかなおりませんでした。また、病気がちであり、夜泣きもする子供で育児に苦労しました。

こんな身近な事例で判断はできませんが、多くの方が同じような体験をされていることを知り、まず母親と父親の「こころと身体」の改善が世の中の病気と体の不調を訴える多くの人につたえるべきことだと感じました。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(鍼灸マッサージ師)
sekimura鍼灸院 鍼灸マッサージ師

次こそは妊娠したい!赤ちゃんを授かる身体になる為に

赤ちゃんを望む女性の為、西洋医学の治療をして、それでも授からない女性の為に女性治療師7名とともに鍼灸治療を頑張っています。生理痛も鎮痛剤で我慢を続けていると将来の不妊の原因に。ぜひ一度お越し下さい!

このコラムに類似したコラム

便秘を東洋医学で優しく治す1 (自分でできる養生法) 手塚 幸忠 - 鍼灸マッサージ師(2014/11/04 19:32)

喘息の症状、体質を改善する体操【川井式喘息改善エクササイズ】DVD発売! 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2013/06/29 12:08)

中国医学について(1) 日色 雄一 - 鍼灸師(2012/01/12 16:55)

口から入るものに対しての意識 松本 敏樹 - 鍼灸師(2011/12/12 20:17)

子どもの背骨にご用心! 井元 雄一 - カイロプラクター 博士(健康科学)(2012/05/16 19:00)