【転職準備】転職する業界を決める。 - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

床 美幸
サポタント株式会社 代表取締役
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【転職準備】転職する業界を決める。

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート

 

こんにちは、サポタントの床です。

さて「転職する。」と決めてからの準備いただいたいこと(続き)を書きます。
しばらくシリーズで書きますのでご参考にしてくださいね。

転職すると決めたらまずご自身で考えていただきたいこと、それは

 

>>>


「あなたはどんな業界で、どんなお仕事がしたいのか。」


ということです。

特に、今までと違う業界で1からキャリアを形成したいという場合には、
転職活動をする前にその業界の事前調査・研究を是非してください。

(書籍やネットでの調査の他、知り合いでその業界にいる方を見つけ、
実際お話を聞かせていただくのも、大変参考になります。)


(1)その業界ではどんな職種があるのか。
   どういったことを担当するのか

(2)業界全体の平均的な就業条件  
(業界によっては土日は休みでない、などありますね)

(3)今、担当する業務に就くための知識やスキル、資格がない場合には
   身につけるためにどんな学校や職業訓練の制度があるのか。

(4)未経験者でも、その業界で担当させてもらえる業務あるのか。
ある場合はどんな業務なのか。

(5)(4)の未経験者の業務を担当し、経験を積むと
将来的に自分がやりたいと思っている業務を担当することは出来るのか。
   

こうしたことを確認した上で、本当に自分はその業界で働きたいのかを再度考えます。


それで「やりたい!」と覚悟されたのでしたら、
しっかりと準備を進めながら、転職活動をはじめてください。


また今までと同じ業界で働くにしても

以前と違う業務内容を希望する場合、未経験者として扱われることがあります。


新しい業務内容にチャレンジしたい場合でも、新しい業務だけを担当する採用枠ではなく、
今まで担当した業務も、業務内容に入っていながら、新しい業務も担当できるという採用枠を探してみましょう。

そうすると、過去の実績を評価していただきやすくなりますので
採用の角度が上がります!


*次回は「今までの職歴の書き出し方」について書きますね♪

 

 

このコラムに類似したコラム

どんな人が欲しいですか と尋ねると 3 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2012/09/03 19:00)

転職の手帖2:転職活動は仕事の棚卸から 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2012/05/29 15:16)

天職に近づくために確認したい3つのこと 新垣 亜希 - キャリアカウンセラー(2012/04/01 08:27)

オーバークオリファイド(over qualified) 新垣 亜希 - キャリアカウンセラー(2012/01/17 19:35)

キャリアコンサルタントって、身近な専門家です 小宮 伸広 - キャリアカウンセラー(2011/09/07 14:55)