不動産価格はいつまで上がるか? - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産価格はいつまで上がるか?

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
これからの不動産市況
優良物件を中心に収益用不動産の価格が上昇し
取引も活発になっています。

弊社のホームページ会員様向けメルマガでも
昨年秋から同様の情報はお伝えしていましたが、
ここに来て状況は更に顕著になっているようです。
昨日から日経新聞も『膨らむ不動産マネー』という
連載記事を載せています。

以前から活発だったファンドマネーに加え、
法人マネーや個人マネーによる不動産購入が顕著になってきています。

景気回復とともにオフィス賃料なども上昇しており、
収益用不動産のリスクプレミアムは急速に低下しています。

価格上昇の背景は、外資マネーの流入、景気回復、
超低金利と銀行の融資姿勢です。
この前提のいくつかが崩れる時が、
不動産価格に何らかの影響をもたらすことが予想されます。

昨年の12月31日に日経新聞が報じた
「日銀が不動産融資総量規制へ」という記事は(年初にロイターにより否定記事発表済)
不動産関連株の上昇を一旦止めるほどの影響がありました。

今年中に予想される日銀の量的緩和の解除、
金利の上昇と外資マネーの離脱が当面の危機だと見る向きと、
日本経済の景気回復持続の予測から
価格の上昇は続くとの見方があります。

個人的には、一旦調整が入るものの
日本経済の景気が持続する限り
優良物件の価格は上昇するのではないかと見ています。

※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 ⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP