身障者対策に異論あり - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

身障者対策に異論あり

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
Topics よもやま話
バリアフリー、ハートビル法、ユニバーサルデザイン等々、身障者に優しい社会を築く為にインフラ整備が進んでいるが、僕は以前からちょっと疑問に思っている。
 色んな逸話があるのだが、あまり長々と書く気はないので簡単に言うと、身障者に不自由のない社会になると、健常者と身障者の接点がなくなる、ということである。
 昔は身障者が街で困っていると、それに気付いた人が助けてあげたり、一人では助けられない状況なら周りの人に声を掛けて、皆で助けていたのである。
 それは、健常者と身障者の大事なコミュニケーションであった様な気がする。
 今は殆ど身障者のためのインフラが整備され、健常者は殆ど身障者を意識する必要がなくなっている。
例えば「どこでもエレベーター」みたいなこうした政策は、非常に利用頻度の少ないものに莫大なお金をかけて、僕らに随分、公共心を失わせた様な気がするのである。

前置きが長くなってしまった。
実は、ある大学の玄関脇にスロープを造った。
これは、荷物搬入用のスロープで、身障者も使っても良い(笑)