家族旅行での出来事 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

渡邉 松男
株式会社松岡建築設計事務所 代表取締役社長
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家族旅行での出来事

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家族の各自が別々の行動をして、
ランチは、ローマのテルミニ駅で落ち合う。
その後、
とても大きなピザトーストをほお張りながら、
互いの景勝地での出来事を話す・・・・。
だけど、『ドーンッ、・・ドーン』と、
尋常ではない大きな音が、そんな会話に重なって聞こえてきた。
ほどなく、音のする方向に目をやると、
螺旋階段を一段、一段ゆっくりと降りる
オールバックの白髪が美しい老人は、
抱えられないほどの大きなスーツケースを引きずりながら降りていた。
身につけたコートは質素なラシャか?
実は、私、ほんの少し前からその音を幻聴的に自覚していたが、
まさか、この老人とは・・・・・・・。
シワだらけの手をした彼は、
ゆっくりと、そして、ゆっくりと降りていた。
新しいクリスマスをローマに住む息子家族と、
宝石のような一時を過ごしてきたのだろう・・・。
その状況をすぐには把握できない自分の目を疑い始めたころ、
『アッ!』と、その老人の手伝いをしようと、
スタンドチェアから腰を浮かした瞬間!
階段の下から、アフリカ系の若者が彼を目掛けて駆け昇り、
例の大きなスーツケースに手を掛けた。
それも、すべてを受け持つのではなく、
白髪の老人と、スーツケースの取手を共に握りしめ、
大きな、大きな螺旋階段を二人で降り始めた。
もちろん、その若者は私より若い・・・・.
その光景を見届けながら、『良かった・・・・。』と。
そして、
その美しい光景に『世界は大丈夫だな・・・。』と嬉しくなった。
あれから数日、改めて『スクワット』をトレーニングしないといけないな。